スノーボードに挑戦(2)

ABOUT SNOWBOARD (2)

 初ボードで肋骨骨折。この経験は私に一つの疑問をもたらしました。「ボードは危ない。しかし、スキーと同様に転ぶのを恐れていてはうまくならない。楽しく転ぶためにはどうすればよいか?」得た答は、@転んでも痛くない良質の雪が確保されているスキー場でボードをする事A体の保護を万全にする事、の二つでした。まず、@の条件を確保するため、二度目のボードは北海道ニセコを舞台とする事にしました。続いてAの条件を確保するため、スキーショップをまわる事になりました。その結果、私が得たボードアイテムは次のようなものでした。

 上半身用プロテクター:肩・上腕・肋骨・脊髄などを保護します。
最初左のような状態で袋に入れられていたので、筆者は肩を保護する部分を女性の胸の保護部と勘違いし、ショップで店員に「これは女性用ですか」と尋ねてしまいました。実際は右のように開いて使用します。
 

 下半身用プロテクター:骨盤・臀部・膝などを保護します。初心者は座り込む事が多いのでどうしてもお尻がぬれます。
ウェアの中に染み込むのを防ぐためにも必須の道具です。

 頭部用プロテクター:主に後頭部を保護します。通常は左のアイテムのみで充分ですが、慎重な筆者は右の衝撃吸収パッドを中に入れます。これでヘルメット並みの完全武装。但し、締めすぎで頭が痛くなることも・・・。

 以上の応援を得て、二年目も転びまくりましたが怪我もせず、何とか昨年より少しだけ上達する事ができました。