2013〜2014シーズン

2013〜2014 SEASON

7 白樺湖ロイヤルヒル6/3〜5日目

 (期日)2013年12月 (宿泊)四季彩の宿リトルグリーブ・白樺湖ロイヤルホテル(3泊4日) (移動手段)車
(四季彩の宿リトルグリーブHP) http://www.lcv.ne.jp/~little/
 (白樺湖ロイヤルヒルHP) http://www.royalhill.co.jp/
(白樺湖ロイヤルホテルHP) http://www.royalhill.co.jp/facility2012.php

3日目


↑遠くまで見渡せるいい天気だった
 一転快晴となり良いコンディションで練習ができた。昨日は見えなかった遠方の景色もくっきりと見渡すことができ、白樺湖本来の環境が戻った。気温はこの日も低く、昼間でも−5℃までしか上がらなかったため、バーンは固い状態が保たれた。子供たちは、終日レーススーツ1枚で練習し、元気一杯だ。お昼は、少し遠出をして白樺湖の対岸まで行ってみた。カントリー調のPOTATOという店を見つけ、入ってみた。中はウェスタン調の装飾でお洒落であり、料理も注文を受けてから調理するとの事で、こだわりのある店だ。たくさんのメニューがあり、どれもおいしそうだったが、ハンバーグを注文。少々値は張るものの、それに見合った味だった。練習が終わり、温泉に入って部屋で休憩していると、実家から電話。入院中の祖母が亡くなったとの事で、お通夜が出発の日になったとの事で、時間に間に合うレース後すぐに現地を出ることにした。


↑POTATOで昼食

↑今年は香川と合同で合宿

↑長女SL


↑料理はすべて手作り

↑連日快晴で快適な練習環境

↑長男SL

4日目


↑午前中の練習をする長男長女
 この日は日曜日だったので、通常よりリフト運行が早く、練習も8時にはスタート。今日も天気は快晴で、気温も朝一で-8℃。カリカリのバーンでフリー練習の後、GS。筆者はこの日は午前だけ練習をして、午後は荷物の整理と明日の予選に向けて板のチューンナップ。天気予報によると明日は気温が少し上がり、-6〜-3℃位の予想だったので、高温用ワックスを塗る。明日はすぐに現地を出ないといけないので、荷物を整理し、載せられるものは車に積みこんだ。夕食後、レース用にフッ素を板に塗って就寝。


↑お昼はカレードリア


↑白樺湖

5日目


↑長女SL。選抜にいは一歩届かなかった

↑長男はGSと総合で優勝

 5時半起床。朝食を取り、高校生の選手を載せてレース会場へ移動。放射冷却の影響があるのか、気温は予報より少し低く-8℃位。長女に頑張れと声をかけ、筆者はゴール地点で計測の手伝い。昨年は雨の中のレースで、霧も出ていたが、今年は快晴だ。最初に女子GSのレースがスタート。長女はいい感じで滑り降りてきたが、もう一人の選手に約2秒遅れ。続いて男子GSに長男登場。高校生のトップに約2秒半の差をつけて全体でもラップを取った。実は高校生組は今年から回転半径の規制がきつくなり、回しにくいというハンディがあるのだが、それを含めても予想以上の出来だった。続いて、SL。長女は得意な種目なので挽回を図ったが、こちらはさらに差がついた。インターハイは2名まで出られるので、長女も対象になるが、高校選抜はトップのみ。昨年奇跡的に、出場権をもらいながら直前に病気で辞退したため、今年は一種目でも出たかったようだが、残念な結果となった。長男はSLも高校生チャンピオンに迫るタイムで、全体の2位に。結局総合成績で優勝。レース後は、表彰式を行い。急いで徳島まで直行。ゲレンデから7時間はかかると思ったが、道が空いていたこともあり、6時間で徳島市内に到着。読経には間に合わなかったが親類に挨拶をすることができた。