2011〜2012シーズン

2011〜2012 SEASON

 白樺湖ロイヤルヒル5/1〜2日目

 (期日)2012年12月 (宿泊)四季彩の宿リトルグリーブ・白樺湖ロイヤルホテル(3泊4日) (移動手段)車
(四季彩の宿リトルグリーブHP) http://www.lcv.ne.jp/~little/
 (白樺湖ロイヤルヒルHP) http://www.royalhill.co.jp/
(白樺湖ロイヤルホテルHP) http://www.royalhill.co.jp/facility2012.php

スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  ゲレンデは上下二つの場所に分かれている。どちらも1000m弱の中斜面で横幅が広いのが特徴。自分のフォームをチェックしたりポール練習をするには適した広い斜面だが、上級者には滑走距離の短さが気になる。ボードパークがあり、キッカーやハーフパイプが設置されている。
積雪量  晴天率80%を誇るこの地方は、乾燥しているため積雪量は多くない。今回年末に訪れたので土やブッシュの出ている所が目立った。
雪質  乾燥しているため雪質は良い。シルキーで滑った感触の良さは独特の味わいを持っている。人工雪も自然雪と変わりがないような軽い雪だ。
混雑度 A  白樺湖周辺にいくつかのスキー場があるため客は分散している。二つの斜面にかかっているリフトはクワッドなので、リフト待ちの時間は少ない。ただ、スキー学校などが入っている場合、下のリフトは一足出遅れると行列になるので、朝一で上のゲレンデまで上がっておくのが得策。
雰囲気  頂上からの白樺湖を眺められる光景は中々のもの。晴天率も高いため明るい雰囲気のゲレンデだ。周囲には土産物屋や古びたゲームセンターはあるものの、リゾートの雰囲気とはかけ離れている。
アフタースキー  ホテルから歩いて5分の所に「すずらんの湯」というスパ機能を備えた温泉施設がある。他、白樺湖周辺に娯楽施設があるがわざわざ出かけるほどの場所ではない。
旅費  ホテルは平日パックでリフト券・食事付で一泊1万円のパックを売り出している。
アクセスの良さ  徳島から約600kmの長野県中部は自分で運転するには遠すぎるような気もするが、中央自動車道は3車線の場所が多く、それほどストレスを感じずかつ短時間で移動ができ、マイカーで来るのも無理な距離ではない。
総合評価  長野方面には志賀高原や白馬、野沢と言ったビッグゲレンデが目白押しなので、規模の面で物足りなさがあるのは確かだが、雪質の良さと上部からの景色の良さは中々のものだ。

体験記その1(1日目)


↑一足先に出発した長男。初日練習の様子。

↑中学生担当のコーチの指導でメキメキ上達。

↑宿泊場所に向かう途上、道路にカモシカが出現。

↑夜11時半頃ようやく宿舎に到着。



↑初日は後傾の癖が出ていたのだが・・・。

 年末恒例のロイヤルヒル合宿。長男は初日から連盟の車で出かけたが、長女は学校の補習が入っているので、補習明けの後半から3日間の参加。合宿最終日にはインターハイの予選もあるので、早目に家を出て初日もナイターで練習をしてから合宿所入りを考えていた。ところが、先週の志賀高原で長女のゴーグルが内側から凍ってしまい、指でゴシゴシやっていたものだから塗装が剥げてしまって、買い換えなければならなくなった。結果、大阪のタナベスポーツに寄ってから現地に向かう事になった。それでも初日のナイターが滑られるように長女には補習が終わったらすぐに戻ってくるように言ってあったのだが、待てども待てども帰ってこない。冬休みになりしばらく会えない友達と話をしているようだ。

 14時過ぎにやっと戻ってきたので急いで昼食をとった後、合宿所への土産を買って鳴門ICに乗った頃には15時を回っていた。淡路を抜けるまでは車は順調に進んでいたが、阪神高速に入った途端に大渋滞。三宮に降りる京橋IC付近と高速を降りてからの時間がかかり、タナベスポーツに着いた頃には18時になっていた。急いでゴーグルを買って、今度は長野に向けて再出発。多賀SAで夕食をとった後、延々と中央道を走り、やっと諏訪ICに着いたのが23時。早朝に出る時に比べると随分時間がかかっているが、あちこちで車の流れが悪かったのが原因だ。

 初日は合宿所には泊まらず、白樺湖畔近くのペンションを予約した。合宿で利用しているロイヤルホテルは、スキー場へのアクセスも便利でスタッフも親切なのだが、食事が揚げ物中心で難ありである。練習初日の朝食だけでもマトモなもの食べたいをという事で親子の意見が一致し、手作り朝食のペンションを選んだ。諏訪ICから下道を走って宿舎に向かっていると突然道脇から2匹のカモシカが飛び出してきた。体長2m程の大型のカモシカだ。街中まで出てくるとは、剣山のように異常繁殖しているのだろうか?カメラを向けると、足取り軽やかに去っていってしまった。

 ほどなく、宿舎のリトルグリーブへ到着。着いたのは12時前になってしまったが、宿の方は嫌な顔もせず、風呂も用意しておいてくれた。大きなジャグジー風呂の温泉で、シャンプー等もいいものを使っていた。ゆっくりとお湯につかり長旅の疲れを取った。部屋はロフト付きで値段(1泊朝食付6000円)の割に、広々としていた。通路の飾りつけもお洒落で、館内をゆっくり見てみたい気もしたが、翌日から練習も始まるので、1時過ぎに就寝。

体験記その2(2日目)


↑リトルグリーブの手作り朝食。

↑午前中は晴れて景色も抜群。

↑GSの練習。R23の板に慣れてきたかな?

↑午後はSLの練習。
 昨夜寝るのが遅かった割には、朝5時過ぎに目が覚める。このペンション、他は文句がないのだが、暖房が中央制御で室温がやや低い。布団は羽毛だったのだが、筆者のベッドは窓際だったので夜中にも何度か目が覚めた。こちらだと快適な室温なのかも知れないが、南国から来た者にはやや厳しい状態だった。今度泊まる時は、何か対策を考えておかなければならない。

 昨晩長女は喉が痛いと言っていて微熱もあったのだが、風邪薬を飲んで寝たので熱は下がっていた。朝食はハムエッグに高原野菜。フランスから直輸入の生地で焼いたクロワッサン等こだわりのある朝食を食べながら宿のご主人と話をした。息子さんがスキークロスのナショナルチームに入っていて、ソチ五輪を目指しているとの事。この日帰省する予定だったようで、一足違いで会う事ができなかったのが残念だ。

 そして、合宿所に到着し、準備をしてゲレンデに向かう。昨年は雪が豊富で、初日からポール練習ができたのだが、今年は雪の量が少なく、ブッシュはほとんど無くなっていたが、石ころが落ちていた。滑る時に注意が必要だ。朝から計測器を設置して、タイムレースを行う。長男は、合宿4日目になり、練習の効果が現れてきていることはひと目でわかった。内倒内傾の癖がだいぶ修正されている。聞けば、合宿初期に中学担当のコーチがつきっきりで教えてくださったそうだ。タイムレースでも38秒代を記録し、ライバルの中学生選手のタイムを上回っていた。筆者も測ってもらったが、42秒代。長女は41秒代で、左回りの時に腰が内側へ外れる癖が抜けていない。あと数日でどれだけ修正できるか?天気は曇り空だったが、見通しも良い中で午前中の練習が終わった。

 お昼は他の保護者と手作りそばの朝日ヶ丘へ。大1100円は高価だが、そばは自家製で弾力があり風味が豊かだ。コーチもオススメの食事処なので毎回寄っている。子供たちも誘ったのだが、長男は2日目からずっとインスタントラーメン三昧。昨年は菓子パン三昧だったが、体を壊さないか心配だ。長女は他のメンバーとレストランで昼食だそうだ。


↑朝日が丘のそば。付け合せの野沢菜も手作りで美味。

 昼からは、SLの練習が組まれていたが、筆者は少し早目に練習場に行って、フリーを2・3本滑る。その後、ポールをセットし、再びタイム計測。昼からは雪もちらついてきて電波状態が良くなかったので、タイムも計測ミスが多かった。16時まで練習を行い、この日は終了。