2012〜2013シーズン

2012〜2013 SEASON 

17 大山31

(期日)2013年3月 (宿泊)朝霧山荘 (移動手段)自家用車
 (大山HP)http://www.daisen.jp/ski/
 (朝霧山荘HP)http://www.gaina.net/asagiri/

体験記


↑霧の中だったがようやく晴れたのでフリー練習

↑宿舎に戻って昼食。エネルギー充填完了。

 2月の全国大会が終わって、約1ヶ月ぶりの大山。 恒例のフィッシャー杯が開催された。長女は学年末考査のため休み。長男は2月中にテストが終わったので、出場。初日の午前中は、霧がひどく上の原での練習はできにくい状況だっため、しばらくセンターハウスで待機した後、チャンピオンコースに移動してフリーの練習。昼食後は上の原でポール練習開始。1ヶ月前の練習はグラウンドコンディションも抜群だったが、3月に入ると気温も急上昇。随所にアイスバーンがあったり、ブッシュや小石の転がる部分もあり、気をつけて滑らないと危険だ。来週は四国大会が予定されているが、大丈夫だろうか?


↑春の陽気でゲレンデはこの有様・・・。


↑国際ゲレンデ。向こうに見える山も春模様。

↑珍しく自分でチューンナップする長男だが、この後すぐに筆者と交代。

 2日目は、午前中上の原でポール練習をした後、チャンピオンコースに移動してフィッシャー杯に出場。今回は長男のみの出場で、筆者はサポート役。2月に高体連の専門部長から手作りの雪上スキーバイスをいただいたので、早速それを使って最終チューンナップ開始。午前中の練習でフッ素は剥がれていたが、丁寧にブラッシングをし、スタートワックスを塗って完了。小学生の後、中学生は一般と共にスタート。ポイントの関係で後半のスタートだったが、やや左ターンで内倒していたものの全体的にうまくまとまり、中学生部門で4位に入った。一般も含めた全体順位でも9位に入り、何より小学生時代から指導をいただいたコーチに初めて勝てたのがうれしかったようだ。これからも怪我をすることなく、力を伸ばしていってもらいたい。


↑クリックすると動画に飛びます。

↑出場した皆さんと・・。

19 大山32

(期日)2013年3月 (宿泊)朝霧山荘 (移動手段)自家用車
 (大山HP)http://www.daisen.jp/ski/
 (朝霧山荘HP)http://www.gaina.net/asagiri/

体験記


↑国際初級ゲレンデもご覧の通り。

↑春風の心地よい中、四国大会が行われた。

 2週連続大山での大会。今週は四国大会だ。早朝に現地へ着いてすぐに着替え、会場のチャンピオンコースへ。先週草の出ていた上の原ゲレンデはもはや壊滅状態で、奥の国際ゲレンデももう数日の営業かと思われるような状態だった。チャンピオンコースはかろうじて雪が残っているが、レースには厳しいような雪質だ。しかし、初日は天気も良く、ほのぼのした雰囲気の中大会が開催された。

 マスターズ9名の後、女子からスタート。18番スタートの長女の時には既に溶けたシャーベット状態で、極めてターンがやりにくそう。第7旗門でバランスを崩して、コースアウトしたが、滑り直しゴールイン。筆者も大きなミスは無かったのだが、それでもミスをした選手より遅いのはどういうことか?長男も長女と同じ場所でコースアウト。


↑長男1本目スタート。


↑第7旗門で内足に乗ってしまい、バランスを崩して転倒。しかし、すぐに立ち上がってコースに戻る。

↑何と長男も全く同じところで同じようなミス。こちらはスピードが出ていたので大きくコースアウト。


↑2本目に雪辱を期する長女。

↑クリックすると動画を再生します。

 しかし、二人とも2本目はタイムを取り返し、順位を上げた。長女はあと少しで入賞を逃す。しかし、10人もDFの出る中、怪我もせず今シーズン最後の大山を終える事ができたのは幸いだった。2日目はGSのレースが予定されていて、この競技が得意な長男は楽しみにしていたのだが、荒天のためリフトが動かず中止。閉会式の後、現地を出て思いの他早く家に帰りつく事ができた。

家族対決2013
第7戦「四国大会 3/2」
パパ
VS 長女
長男
0勝7敗
1:12'39"
1:15'67"
  7勝0敗
1:05'35"
1:01'21"
7勝0敗
1:03'34"
0:57'01"

VS
 
0勝7敗   7勝0敗  


↑お昼で終了したので、蒜山SAで朝焼きクロワッサンが買えた。