2011〜2012シーズン

2011〜2012 SEASON 

25 志賀高原10/2・3日目

(期日)2012年3月 (宿泊)志賀ロイヤルホテル・プリンスホテル(2泊3日) (移動手段)自家用車
 (志賀高原HP) http://www.shigakogen.gr.jp/
(志賀高原プリンスホテル)http://www.princehotels.co.jp/shiga/

体験記その2(2日目)


↑朝にホテル周辺を散歩。

↑一の瀬ファミリーゲレンデを滑る。

↑早朝はバーンも締まって快適。

↑奥志賀高原ホテルのモンブラン。

↑グランフェニックスのスパゲティミートソース。

↑夜はホテルで食べました。

 前日はうとうとしながら11時頃まで起きていたのだが、朝は昨日と同じ時間の4時に目が覚めた。前日の記録をノートに書いて、まだ時間があったので、近所を散歩する。蓮池のゲレンデからトンネルをくぐってレークホテル前まで歩いた。朝に志賀高原を歩いた事は無かったが、無人の中で鳥のさえずりも聞こえ、国立公園らしい素晴らしい景観を楽しむ事ができた。6時頃にはホテルに戻り、パソコンにリフト券番号を入力すると、滑走距離や乗車リフトの確認などができる。昨日よく頑張ったので、今日は早い時間帯に全リフト搭乗を達成できそうだ。

 朝食後、チェックアウトをして本日の宿泊地プリンスホテルへ移動する。今回もインターネットのサイト「じゃらん」で申し込んだのだが、1泊2食付で8000円、しかも朝8時にチェックイン可能なプランだった。部屋で着替えをして、ゲレンデへ。ホテル前からリフトを乗り継いで一の瀬方面に移動。ダイヤモンドゲレンデや一の瀬ファミリー等、朝一で雪質の良い中、朝風に吹かれながらの滑走は最高だった。

 高天原のリフトに乗車して乗るべきリフトは網羅し、残す焼額山に戻ろうとしていたら、ゲレンデの脇から1匹の猿が出てきた。林の方へ目をやるとあちこちにたくさんの猿がいる。今まで部屋の表示やウェブで猿の存在については分かっていたのだが、実際に見た事は無かった。一気に5・6匹も現れたのには感動した。長男も喜び、しばらくゲレンデにとどまって猿の相手をしていた。


↑初めてゲレンデで猿に遭遇。

↑木登り赤ちゃん猿    兄弟猿↑

↑山の中に帰って行きました。

 焼額山に戻った時点で10時。順調に行けば午前中に全リフト乗車を達成できそうだ。しかし、焼額に入った頃から、急激に気温が上がって雪が緩み始め、下部では昨日のようなシャーベット状になってしまった。スキー2日目の体に負担がかかる。奥志賀高原は雪質が良いので、大丈夫だろうと思っていたが、こちらも同じ状態。一度麓まで降りて1回目の休憩をする。その後、1回ゲレンデを滑り、グランフェニックスで昼食。イタリア料理店は料金は少々高めだが、中々の味付けだ。このホテルには、他に和食・中華の店もあるようなので、また訪れたい。

 食後は奥志賀のリフトを制覇し、リフトチャレンジも終了したので、昨日状態の良かった寺小屋を目指す。しかし、ここまでの道のりが遠く、もはや全面シャーベット状態となったゲレンデを経由して、寺小屋に着いた頃には意気消沈。レストランでしばらく休む事に。甘いものを食べ、少しテーブルで眠ったら元気が出たので、外へ出たらいつの間にか太陽は姿を消し、冷たい風が吹いていた。当然ゲレンデ状態も良くなって、再び快調なスキーができた。焼額もゲレンデが回復し、調子が良いので、まだしばらく滑ろうと思っていたら、長男が限界との事。先にホテルに戻り、筆者はリフト運行終了ぎりぎりまで滑って一日を終えた。

体験記その3(3日目)


↑早朝ポールゲート。

↑山道を上がって地獄谷へ。地獄谷噴泉が見える。

↑気温が低かったので、猿たちも体を寄せ合っていた

↑丸見え露天風呂「後楽館」。

↑小布施の名物、栗を使ったソフトクリーム

 スキーから戻った翌日は仕事が入っていたので、最終日は滑らずに早目に現地を出ようと思っていたが、ホテルのフロントで「早朝スキープラン」なるものを発見。朝6時から8時までのリフト運行前に滑る事ができるプランで、1500円の割安料金だ。今回が今シーズンの最終滑走となり、心残りがあったのでこちらに申し込む。寒波の接近により朝から風が強かったので、予定通り実施されるか心配だったが、少し時間が遅れてリフトは運行。雪質も良好で、コース端にはGSのポールがセットされていた。滑っている者もまばらなので、コースが荒れることも無く、1時間半の時間はあっという間に過ぎた。

 朝食を食べ、地獄谷野猿公苑へ。志賀高原はスキーに来るだけでまともに観光をしたことが無かったので、外国人にも人気の高いこの場所に向かった。温泉もあるようなので、最後に入って帰るつもりだ。上林温泉の駐車場に車を止め、林道を歩いて半時間。舗装もされていない上り坂なので、スキーをした後の足には割と応えた。やがて、国の天然記念物、渋の地獄谷噴泉から上る白い蒸気が見え、地獄谷に到着。動物園のようなところと思っていたら、ここは野生の猿を餌付けして慣らしているだけのようで、柵も無く、猿の間近まで近づいて生態を観察する事ができる。地獄谷の名前を世界中に広めたのが、温泉に入る野猿。冬場、極端に冷え込むこの地で体を温めるため自然にこの習慣がついたのだという。世界でも野猿が温泉に入る光景はここでしか見られないらしい。公苑に入ると、何十匹という猿があちこちで思い思いの行動を取っている。気温が低いので、何匹かまとまって体を温めあっている姿が愛らしい。温泉では、年配と見られる大猿が湯につかって気持ち良さそうにしていた。


↑今日も猿を見て喜ぶ長男

↑世界唯一温泉につかる猿。

 1時間ほど見学をした後、1864年開業と歴史のある温泉「後楽館」へ。長男は入りたくないとの事で、公苑に残り、後で合流することに。温泉は内風呂と露天から成るのだが、露天は川を挟んで公苑までの通路と向かい合っており、外から丸見え。後からネットで調べてみると、「温泉慣れしている人でも入るのに勇気がいる」との事で、内風呂だけにしようかと思ったが、せっかく来たのでタオルを使って隠れながら露天も入った。ただ、風呂の周りにはこれまたたくさんの野猿がおり、湯船の周りはフンだらけ。お湯も衛生面で疑問があったので、内風呂に戻って入念に石鹸で汚れを落とす。その後、小布施SAで昼食を取り、徳島まで戻る。2回コースを回ったおかげで、6月には念願の記念Tシャツをゲット。最終日のデータを長女のデータに使ったので、3人分もらう事ができた。このイベントはやりがいがあるので、来シーズンもチャレンジをしたい。


↑2012リフトチャレンジの賞品。記念Tシャツ。