2011〜2012シーズン

2011〜2012 SEASON

7 札幌/3日目ルスツリゾート10

 (期日)2011年12月 (宿泊)札幌プリンスホテル(2泊3日) (移動手段)JAL
(ルスツリゾートHP) http://www.rusutsu.co.jp/
 (札幌プリンスホテルHP) http://www.princehotels.co.jp/sapporo/

ルスツリゾートスキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ AA  ホテル前のウェストMt.はコンパクトだが、イーストMt.・Mtイゾラは長距離の広い斜面が豊富に配置されている。コース数はさほど多くないが、これだけ広いと色々なルートを選択できるので、何回滑っても飽きない。但し、本格的なコブ斜面や深雪コースに欠けるので上級者には物足りないかもしれない。
積雪量 AA  奥のニセコに比べると少ないが、年末でも1m以上はある。
雪質 AA  これもニセコ・キロロに比べると、少し劣る。最初に行った時は前日に降った雨が夜中に凍ってアイスバーン状態だった。おかげでボードで転んで骨折。
混雑度 AA  北海道一の入り込み数だそうだが、ゲレンデ面積が広いためさほど混雑している感じは無い。時間帯と場所によっては無人の状態を味わうことができる。.
雰囲気 AAA  ルスツリゾートホテルと一体化したゲレンデの雰囲気はリゾートそのもの。天気が良ければ羊蹄山や洞爺湖も一望でき、絶好のロケーションが開放的な気分にさせてくれる。
アフタースキー AAA  アフタースキーの充実度は完璧。レストランは和洋中にイタ飯・居酒屋・ドイツビールと何でもある。その他ショップもワインハウス・ガラス細工などの専門店がズラリ。もちろんスノーボードのショップもある。ゲームセンターやスライダー付き造波プール等夜も退屈しない工夫が凝らされている。タワーの方にはトナカイ牧場があり、トナカイの他ポニーや羊がいて餌をやることができる。温泉がないのが唯一の欠点だったが、2007年よりオープンした。ホテルの至る所にイルミネーションが施されており、写真スポットには不自由しない夢のような環境だ。
旅費  このホテルに泊まるのであれば、12〜3万(ツアー代朝夕食付3泊)+リフト券・昼食代・その他必要(徳島県基準)。
アクセスの良さ  空路利用でらくらく移動。徳島発着も出ている。千歳空港から2時間以内で着くので初日もスキーを楽しむことができる。札幌宿泊の場合もゲレンデまで1時間半でアクセスが良い。
総合評価 AA  ゲレンデの広さ、ゴンドラ・リフト・ホテル等設備の充実度等どれをとっても申し分の無いスキー場。人気が高いことも一度訪れれば納得すること間違いなし。ファミリーにはゲレンデにすぐつながる環境とホテルでの遊び場所の豊富さは欠かせない要素である。外国の雑誌でもBEST SMALL RESORTを受賞したり、サミットの会場になったりとその評価は海外にまで及んでいる。反面宿泊予約が年々難しくなって来ている。

体験記その3(3日目)


↑滑るのが難しいほど激しい吹雪だった

↑辺りは全く見えません

↑レストランで昼食。名物のオムライス。

↑昼からは少し天気も回復をしてきた

↑もうすぐクリスマス。ホテル内はイルミネーションで飾りつけ

 最終日。チェックアウトをしてバスに乗りルスツへ移動。毎日使っているバスは札幌市内から6つのスキー場へ運行しており、前日15時までに連絡すればどこへも変更が可能だ。今回の様にシーズン初めで雪不足が予想される場合は、前日までの状態によって選択できるのは大変便利だ。しかし、この日の乗車人数はわずか7名。昨日ももう少し多かったが、席の半分も埋まっていなかった。来シーズンはこれまでのように運行してくれるのか心配になった。

 バスは中山峠を経由して喜茂別へ。場内アナウンスでこの名前を聞いて気がついたのだが、一昨日-25℃を記録と報道されていた町だ。今まで何度となくこの場所を通っているが、最初この場所を見たときに延々と続く雪景色に感動し、いつか家族にもこの光景を見せてあげたいと思った印象的な場所だ。地名は知らなかったが、車窓から見える美しい景色とは裏腹の冬の生活の厳しさを思い起こさせた。

 10時過ぎにはスキー場に到着し、早速ゲレンデへ。今日の天候は雪。大粒の雪が降っていて前も見づらい。ウエストMt.を2本ほど滑った後、ゴンドラに乗ってイーストMt.へ。こちらもすごく降っている・・・というか吹雪に近い状態だった。おかげでゲレンデは昨年のようなブッシュは皆無だが、足元の状態がわからないので注意しながら滑った。

 そして一番奥のイゾラMt.に到着。こちらの雪はウエストMt.より断然いい。2kmの快適な中斜面スチームボートBコースを1本下りて昼食。レストランも日曜日なのにガラガラなのが気になった。昼食後はリフトで上まで上がり、ヘブンリービューコースを降りる。朝から降り続いている雪のおかげで全面深雪だ。独特の浮遊感が快感だ。また、天気が悪いせいだろうか、休日なのに滑っている人がほとんどおらず、ゲレンデを独占して滑ることができた。しばらくイゾラを滑った後、再び吹雪いてきたので、ウエストMt.に戻る。

 こちらもだいぶ降ったようでゲレンデには20cmほどの雪が積もっていた。気温が下がってきたのか朝よりも断然いい雪質だ。天気が悪いので早めに切り上げようかとも思っていたが、快適なので時間いっぱいまで滑った。


↑帰る間際になって晴れてきた

 ホテルに戻って風呂に入り、ロビーに移動する時に「スカーレットカフェ」がオープンしているのに気がついた。例年は中旬を過ぎないと開かないのだが、今年は早いオープンのようだ。おかげで名物のホワイトチョコレートブレッドを買うことができた。5年ぶりに食べるパンの味は以前と変わらず、しっとりとした生地にホワイトチョコのほのかな甘味がマッチして絶妙だった。ルスツは食事も充実しているので、また家族と来てゆっくりしたいものだ。


↑ルスツ最強グルメ。スカーレットカフェのパン