2011〜2012シーズン

2011〜2012 SEASON

12 ハチ高原

 (期日)2012年1月 (宿泊)鳥取ワシントンホテル (移動手段)自家用車
 (ハチ北・ハチ高原HP) http://www.hachi-hachikita.co.jp/
 (鳥取ワシントンホテルHP)http://tottori.washington.jp/

ハチ高原/ハチ北スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  北海道・信州に比べると最長滑走距離・コース幅ともに物足りないが、ハチ北・ハチ高原を合わせたゲレンデの規模は近畿圏では抜き出ている。特に北壁の800mに及ぶ急斜面のコブは他では味わえない。ハチ北のコース内には初級者用と上級者用の二種類のモーグル練習バーンが設けられ、ハチ高原にはハーフパイプや各種のキッカー、タイム計測器等が設けられ、ゲレンデ規模以上の楽しみ方ができる。
積雪量 B  西日本では多いほうだが、12月や3月ではブッシュの出ているところもある。
雪質 B  上部の雪質はかなり良いが、中央ゲレンデから下部は2月以外は信州と大きな差が出てくる。
混雑度 B  リフトは近年輸送能力の高いクワッドが増設されたため待ち時間が短くなった反面、ゲレンデの混雑度は上昇した。特に休日は人間の間を掻い潜って滑るような状態になる。近年はブームの頃に比べると若干混雑が解消したようだが、トップシーズンには混む。また、ハチ高原側はスキー学校で大量の学生が訪れる事があるので注意が必要。
雰囲気 B  レストランは数年前まで古い・汚いものしかなかったが、最近中央クワッドを上がった所にクリスタKAZAOというおしゃれな店が登場した。メニュー・雰囲気ともGOOD。ハチ高原の麓にあるカフェテリア・シーズもお勧め。広々としたゲレンデと頂上からの美しい景観も魅力だ。
アフタースキー C  民宿街は相変わらず泊って寝るだけの環境。
旅費 A  車に定員一杯詰め込めば、移動経費は一人5000円あれば十分。
アクセスの良さ A  以前は徳島市から約4時間かかっていたが、明石大橋と高速の延長で3時間で到着が可能になった。帰りの混雑は相変わらずだが以前よりは解消されている。
総合評価  コースの豊富さや雪質は(徳島からの)近場では最高。しかし、人が多いのが難点。


体験記(2日目)


↑極寒の中だが雪質は最高

↑長男は終始寒そうだった

↑風も強く一層体が凍える
 朝5時に起床し、5時半にはハチ高原に向けてホテルを出発。鳥取市内からは約1時間でハチ高原へ。今日はここで昼過ぎまで滑る予定だ。ハチの目玉がタイムアタックコース。無料で10旗門ほどのポールバーンに挑戦でき、自動でタイム計測もしてくれるものだ。4年前に来た時には、滑るたびに長男のタイムが伸びていき、親子の競い合いが白熱をした。今回も楽しみにしていたのだが、センターハウスへリフト券を買いに行くと「今日は強風のためポールは設置しません」との残念な通告。年末から続いている寒波襲来がこの日もあり、ゲレンデには強風が吹き荒れていた。

 この日の気温は-7℃。ハチ高原には低速リフトが多いので、リフトに乗る度に体が凍る。しかも、風のためにハチ北方面へ移動するリフトまでストップした。タイムアタックの無くなったハチ高原のゲレンデは緩斜面がいくつか並んだだけの魅力の無いものになっていた。昨晩から降った雪のおかげで軟らかい新雪に包まれたバーンは滑り心地こそ良かったものの、2時間も滑ると飽きてきた。11時には切り上げて、徳島に向かって出発。途中、和田山IC付近に温泉施設「奥香の湯」を発見。設備も新しく、露天風呂もあり大人600円と割安だ。これからハチ方面に来た時には立ち寄りたい施設だ。


↑帰りに寄った温泉の湯が気持ちよかった