2010〜2011シーズン

2010〜2011 SEASON

12 白樺湖ロイヤルヒル3/1日目

 (期日)2010年12月 (宿泊)You悠(2泊3日) (移動手段)車
 (白樺湖ロイヤルヒルHP) http://royalhill.alpico.co.jp/
 (You悠HP) http://www.sas.janis.or.jp/~p.you-yu/index.html

スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  ゲレンデは上下二つの場所に分かれている。どちらも1000m弱の中斜面で横幅が広いのが特徴。自分のフォームをチェックしたりポール練習をするには適した広い斜面だが、上級者には滑走距離の短さが気になる。ボードパークがあり、キッカーやハーフパイプが設置されている。
積雪量  晴天率80%を誇るこの地方は、乾燥しているため積雪量は多くない。今回年末に訪れたので土やブッシュの出ている所が目立った。
雪質  乾燥しているため雪質は良い。シルキーで滑った感触の良さは独特の味わいを持っている。人工雪も自然雪と変わりがないような軽い雪だ。
混雑度 A  白樺湖周辺にいくつかのスキー場があるため客は分散している。二つの斜面にかかっているリフトはクワッドなので、リフト待ちの時間は少ない。
雰囲気  頂上からの白樺湖を眺められる光景は中々のもの。晴天率も高いため気持ちよくスキーができる。ただ、周囲には土産物屋や古びたゲームセンターはあるものの、リゾートの雰囲気とはかけ離れている。
アフタースキー  ホテルから歩いて5分の所に「すずらんの湯」というスパ機能を備えた温泉施設がある。他、白樺湖周辺に娯楽施設があるがわざわざ出かけるほどの場所ではない。
旅費  ホテルは平日パックでリフト券・食事付で一泊1万円のパックを売り出している。
アクセスの良さ  徳島から約600kmの長野県中部は自分で運転するには遠すぎるような気もするが、中央自動車道は3車線の場所が多く、それほどストレスを感じずかつ短時間で移動ができ、マイカーも無理な距離ではない。
総合評価  長野方面には志賀高原や白馬、野沢と言ったビッグゲレンデが目白押しなので、規模の面で物足りなさがあるのは確かだが、雪質の良さと上部からの景色の良さは中々のものだ。

体験記その1(1日目)


↑3年前に初めて参加したときの姿。
寂しさのあまり暗闇で涙さえ流していたのだが・・・

↑3回目となる今回。何とまあふてぶてしい姿だろう

↑宿舎のYou悠。格安ペンションとは思えないほどの充実ぶり

↑ロイヤルヒルナイター。最初は人も少なくいい環境だったが・・・

↑最後には横殴りの吹雪に。
 毎年恒例の年末スキー合宿。今年も24日から30日まで5泊7日(車中1泊)の日程で長野県白樺湖ロイヤルヒルスキー場で行われた。今回1人参加の長女はクリスマスの晩に連盟の車で長野に出発。練習初日・2日目は雪不足のためポールを立てることができず、フリーレッスンだったようだが、2日目の昼に現地より電話。午前中のレッスンが終わって宿舎に戻ろうとした所、スノーボーダーが横から出てきて長女と衝突。レントゲンを撮って診察をしてもらったのだが、外科の先生が不在で、泌尿器科の先生による診断だったため、もう一度診察に来てほしいとの事。元々筆者は最終日の全中予選を見に行くつもりだったが、翌々日に不安を抱えての出発となった。

 出発当日。マイカーで長野に行くのは今回で3回目だが、これまでは家族と共に行っていたので、1人で行くのは初めてだ。しかし、その分運転に集中できる。朝4時に自宅を出て、4時半に板野IC。多賀PAで朝食に半時間費やした他は休憩もなく、9時半には諏訪ICに到着。昨年は高速の区間を5時間足らずで移動ができたが、今年は渋滞もほとんどなかったので4時間半の新記録だ。マラソンではないがゆくゆくは夢のサブフォーも可能ではないかという気がしてきた。高速を降りてからは半時間ほどでホテルに到着。


↑中央自動車道に入る。だんだん長距離運転にも慣れてきた。

 続いて長女を乗せて諏訪市内へUターン。今日は年末なので病院は11時までしか受付ができないと聞き、急いで何とか間に合った。今日は外科の先生がいたので、診察をしてもらった。2日前に撮った写真ではよくわからないということで、もう一度レントゲン撮影。診察の結果、脱臼はしていないようだが、腕に黒い線が入っており、成長線なのかひび割れなのか分からないので、MRIを撮ることになった。一日がかりの検査の結果、骨折の疑いはなく、打撲だけなので2週間ほどで直るだろうとの事だった。腕が上に上がらないので、重症でははないかと心配していたのだが、ほっと胸をなでおろした。

 長女をホテルに送り届け、筆者は自分の宿舎へ。最近良く利用するインターネットの宿泊サイトで予約したペンションは、場所が少し分かりにくいのだが、きれいな佇まいだ。掃除も良く行き届いていて、オーナーの老夫婦の感じが良い。いい宿舎なのに本日の予約客は筆者のみ。オーナーによるとリーマンショック以来客が激減し、周囲のペンションも次々と店をたたんでいるという。

 荷物を部屋に置いた後、着替えてナイターへ。ロイヤルヒルに来るのは3回目だが、ナイターを滑るのは初めてだ。約800mのコースがあり、クワッドリフトでどんどん運んでくれるので、短時間でも効率的な練習ができそうだ。最初バーンが硬かったのだが、滑っている途中から雪が降ってきて滑りやすい状態になった。6時前から8時まで休みなく滑り、宿舎に戻り風呂に入る。天然温泉のジャグジー風呂は冷えた体には最高だった。早朝起床で疲れていたので、10時頃には床に入った。