2010〜2011シーズン

2010〜2011 SEASON 

19 福島/0日目猪苗代中央

(期日)2011年2月 (宿泊)はやま温泉コージーイン (移動手段)自家用車
 (猪苗代HP)http://www.inawashiro-ski.com/
 (はやま温泉コージーインHP)http://cozyinn.org/

猪苗代スキー場データ


|



コースの豊富さ 歴史の古い猪苗代中央ゲレンデと94年開業のミネロゲレンデに分かれる。中央ゲレンデは幅が広く適度な斜度の中斜面が豊富。30度を超えるコブ斜面もあったが、現在は閉鎖されている。一方のミネロの名物は頂上から降りる1500mの赤埴大回転コース。上部600mのコブ急斜面は上級者限定の難コース。後半の中斜面は全中でも使用された人気コースだ。他、無料ポールバーンや初級者用コブ斜面もあり、規模の割には退屈させない工夫が随所にある。
積雪量 東北とは言っても最南部の福島県であるために年内の積雪量は多くない。また、ゲレンデが南斜面であるので、トップシーズンの積雪量も近隣のスキー場に比べるとやや少なめである。
雪質 標高700mと低い位置にあるが、内陸部であるため雪質はそんなに悪くない。ただ、気温が高目で天気の良い日は南斜面のこのゲレンデは大きく影響を受ける。
混雑度 AA 近辺にはたくさんのスキー場があり、特に90年代に開業したアルツ磐梯やグランデコが大きな人気を誇っているため、老舗のスキー場への客は年々減少している。
雰囲気 ミネロエリアは近代的な設備で、レストランのメニューも豊富。味の水準も高い。また、ゲレンデの多くの場所から猪苗代湖を一望でき、晴れた日には素晴らしい景観を堪能できる。
アフタースキー スキー場周辺には大きな宿泊施設と娯楽施設はない。猪苗代市内からすぐの距離にあるので猪苗代湖の散策や野口英世記念館など少し足を伸ばせばスキー以外の楽しみ方もできそう。ただ、交通機関が乏しいので、マイカーで来ないと不便である。
旅費 車を運転するには遠すぎる距離。飛行機と新幹線を使っての移動となると、やはり料金は割高だ。徳島からアクセスするには経費的にも時間的にも北海道の方が身近である。
アクセスの良さ 朝一の飛行機に乗れば、昼過ぎにゲレンデまでたどり着くことが可能。ただ、空港から新幹線、新幹線から在来線と2度の乗り換えがあるので、荷物を持って移動するのは困難。また、在来線は1時間に1本しか出ておらず、計画的に準備をしないと予想外の時間のロスが生まれる。
総合評価 猪苗代湖を眼前に見下ろす事のできる眺望と比較的すいているゲレンデがこのスキー場の魅力。東京からであれば高速を通って週末に気軽に寄れるのだろうが、ゲレンデ規模の物足りなさやスキー以上の魅力が少ないこの場所は、徳島から来るには決め手に欠ける。

体験記(0日目)

 長女2度目の全国大会、第48回全国中学校スキー大会は、2月7日より4日間の日程で福島県猪苗代町で開催。前日の日曜日には、長女は徳島を出発した。今回保護者の方が引率をしてくださったので、筆者が見られない期間中の様子も以下の通りよくわかった(保護者のFさん、ありがとうございました)。

↑初日。今回選手の宿泊した民宿。昨年はお洒落なペンションだったらしいのですが・・。

↑2日目。午前中はゲレンデに出て練習。

↑3日目。最高の天気で猪苗代湖もバッチリ。

↑午後は翌々日のGS競技にむけて板を換えて練習


↑民宿前で徳島県選手団と記念写真。
男子2名女子4名の計6名で楽しく旅行をしたようです。

↑午後は開会式に出席。

↑SL競技終了後。女子選手と撮影。

↑4日目。男子GS競技が終わった後に記念撮影。

 SLは昨年の大会ではポールを外し、坂を上ったため完走者の中では最下位となってしまった。今年は最下位を脱出することが長女の目標だったが、結果は173名中157位。スタート順が男子の後で女子の122番目と不利であった割には良く頑張った。男女300名の全国クラスの選手が滑った後では、溝が彫れてガタガタのゲレンデだっただろうが、コブ斜面の得意な長女には有利だったかも知れない。

福島1日目に続く