2009〜2010シーズン

2009〜2010 SEASON 

(18) キロロスノーワールド6

 (期日)2010年1月 (宿泊)ホテルピアノ・アパホテル札幌(3泊4日) (移動手段)JAL
(キロロスノーワールドHP) http://www.kiroro.co.jp/index_f.php
 (ホテルピアノHP) http://www.kiroro.co.jp/hotel/piano.html

体験記


↑1月下旬ということもあり雪の量は十分。
12月の写真と比べてみよう。

↑名物の樹氷。天気がよければきれいだっただろう

↑名店「信玄」のコク味噌。味は6種類か
ら選択できる
 北海道。学生時代に友人と10日間ユースホステルの旅を敢行したのを皮切りに、いつの間にか県外で最も身近な場所となった。仕事や観光、そして近年のスキーで毎年のように訪れ、年始のニセコで実に27回目の訪問となった。雄大な自然と美味しい食べ物、そして人々の温かい人間性・・・。たくさんの魅力を持ったこの場所に、今年は4年ぶりに仕事で訪れる機会を得た。前回は夏場の訪問だったが、今回は1月に小樽とキロロ、札幌を回るという願ってもないコースだ。2日目・3日目には自由時間も確保されているので、スキー道具一式を宿舎に送り、当日を待った。

 初日は神戸空港より昼前の便で千歳へ。夕方頃には小樽に着いたが、気温が6℃と1月の北海道では考えられないような高温。普段は雪景色にレトロな街並みが抜群の雰囲気を作り出すのだが、この日は雨。足元も汚れているので、移動を最小限にし仕事を終える。そのまま、宿泊地のホテルピアノに直行し、この日は就寝。

 2日目は朝から夕方まで時間が合ったので、ゲレンデに出る。1月に入ってから雪が降り続いた結果、ゲレンデに申し分のない量の、しかも良質の雪が積もっている。この日は前日の高温から打って変わって冷え来み、山頂で-15℃の気温。朝一は晴れていたのだが、だんだん天気が悪くなり、見通しの悪い中での滑走となった。風も吹き付ける中、指先と耳たぶが凍り付いていくのがわかる。そのうちにウェアに雪が張り付き、前のチャックが開かなくなった。力を入れて開けようとすると、金属製のスライダーの引き手が根元からポッキリ。スパイダーのマークのついたお気に入りのデザインだっただけにショックだった。

 3日目も朝から昼過ぎまで滑り、札幌へ移動。夜は地元の口コミ一番人気のラーメン店「信玄」へ。札幌ラーメンには珍しくトッピングが控えめだったが、コクのある信州味噌のスープと太縮れ麺の相性が抜群だった。天気には恵まれなかったが、久しぶりにこの時期の厳しい寒さを味わうこともでき、実りのある4日間だった。


↑信玄のチャーハンも評価が高い