2009〜2010シーズン

2009〜2010 SEASON

19 腕山73

 (期日)2010年1月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑小学生のメンバーがたくさん集まった。
一番下は何と幼稚園!

↑ショートポールは狭い間隔で滑りにくかったが、子供たちはスムーズに回っていた。
 妻の骨折から地元に戻り、2日はさんで4日間の県外出張。週末は長女は全中のトレーニングのため、大山合宿へ一人で参加。筆者は帰県して翌日の練習で、体がきつかったのだが、長男を連れて腕山のジュニア部の練習に参加。前週の降雪のおかげでゲレンデには雪が豊富にあり、初級のかいなコースを使ってのショートポールの練習と上級のタクイラコースを使ってのロングポールの練習が行われた。


↑今度はタクイラコースでロングポールの練習。

↑1本目だけポールに当たった!

20 腕山74

 (期日)2010年1月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑リフト下の状態はご覧のとおり
 腕山では毎年、スキー連盟の主催でバッジテスト対策の特別講座が3回開かれている。筆者も3年前に雨の降りしきる中、視界が悪いという条件を最大限に利用し、まさかの2級合格を得た。あれから3年、順調に上達していればそろそろ次の級に挑戦してもいい頃なのだが、腕は中々上がらず、むしろ体力の衰えかフォームは悪化の一途をたどっているような気もする。まだまだ受検のできる段階ではないが、練習のポイントを知るためJさんと二人で特別講座に申し込んだ。この講座、スキー連盟の会員は無料という有難いものだ。本当は3日とも受講すればいいのだが、他の日程は既に予定が入っているので、今回が唯一の講座となる。コーチの方はジュニア部関係で知ってる方でリラックスして講習を受ける事ができた。1級は不整地(コブ)があるので、他の受講者に迷惑をかけないように一番後から行ったのだが、何故か斜面を降りることができた。フォームはまだまだだと思うが、以前は全く歯が立たなかったコブ斜面を転ぶことなく降りられたので、上達している部分もあると嬉しく感じた。という事で収穫の多い一日となった。気がかりだったのは、ゲレンデの状態。今週気温が高かったので、あちこちに土の色が出ている。1月下旬といえば、一番積雪が豊富なはずなのに、このままスキーシーズン終了などという事になりはしないか心配だった。

22 腕山75

 (期日)2010年2月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑降雪によりゲレンデ状態も回復した
 翌日の三好市長杯に備えて、Jさんと待ち合わせて腕山へ。この日バッジテストがあり、受検を一瞬検討したが、前回の講習でまだまだ練習の必要性を感じたためこの日はレースの練習に専念することにした。途中でコーチに偶然出会い、内倒しているので肩・腰・膝のラインを平行にするようにアドバイスをいただいた。2月中旬でゲレンデ状態は良かったのだが、翌日のために午前中で練習を切り上げゲレンデを後にした。

23 腕山76

 (期日)2010年2月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


レース前にポール練習をしてもらいました

 結果は以下の通り。長女には今年全敗。長男も昨年までは11勝1敗と圧倒していたのだが、今年はついに負け越してしまった。レーシング引退の時期が刻々と迫っている。

sanodesu(否本人)家族対決2010
第6戦「三好市長杯2/21」

パパ
VS 長女
長男
0勝3敗33'51"    2勝0敗
-
2勝1敗
33'06"
 恒例の三好市長杯。昼過ぎに家を出て腕山に向かう。現地に着くと既にジュニアのメンバーは練習を始めていた。タクイラコースにポールを張って練習した後、駐車場でワックスをはがし、スタートを待つ。