2009〜2010シーズン

2009〜2010 SEASON

10 腕山70

 (期日)2009年12月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑さすが平日。ガラ空きで快適だ
 平日に休みをもらってJさんと恒例の12月スキー。最初ゲレンデが荒れ気味かと思いきや、慣れてくると良く締まっていい感じ。さすがに平日は人も少なく、3時過ぎまでたっぷり滑る事ができた。

 昼からは、今年購入したレース用の板を初下ろし。普段使っている基礎向けの板に比べるとずっしりと思い。履いた感じはそんなに違和感が無かったが、滑りだすとその力をハッキリと感じることができた。やや荒れたゲレンデだったにもかかわらず、板が全くばたつかない。雪面にエッジが切り込んでいくような感触だ。そして、板を踏み込めばギューンと加速をする。筆者のレベルでは扱いきれるかどうか不安だが、違いは予想以上だった。スキー後は御所の郷の温泉に入って、7時前に帰宅をした。

12 腕山71

 (期日)2009年12月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑かいなっ子の頭にも雪がどっさり  ↑天気も良く最高の一日だ

←練習をするジュニアの面々


↑休憩時間にお菓子を食べるのが長男の最大の楽しみ

 この日も連盟の練習。長女は剣道部の大会が入って休みなので、長男を連れて山に登った。2日前に今冬最大の寒波が来たので、腕山にもたくさんの雪が降り、ゲレンデは積雪40cm。メインのコースは人工雪とあわせて110cmになり、他のコースも全面滑走可能になった。山道が渋滞するのではないかと思い、家をいつもよりも30分早めに出たが、他の車と出会うことも無く、7時過ぎにはスキー場に到着。

 外の気温は-4℃。駐車場から一面真っ白な世界で、朝の爽やかな風が一層気持ちよく感じる。センターハウスに荷物を運ぶと、メンバーが順次集まってきた。午前中の練習はフリー練習から始まった。メインのパノラマコースを一本滑ってみる。自然雪の板を包みこんでくれるような柔らかい感触は格別なものだ。しばらくの間メインのコースを滑り続けていたが、雪が良いので全く体も疲れない。

 2時間ほど滑ったあと一度休憩をはさみ、コーチがコースの中央端にショートポールを張ってくれた。昨シーズンは1月の中旬頃にロングポールでの練習ができたが、暖冬の今シーズンはもはや腕山でのポール練習はできないかと思っていた。しかし、積雪とスキー場の理解のお陰で、12月のこの時期にできるのはありがたいことだ。この後、子供はポール練習にフリー滑走、筆者は休憩も交えて一日目一杯楽しんだ。

13 腕山72

 (期日)2009年12月 (宿泊)日帰 (移動手段)車 
 (腕山HP) http://www.town.ikawa.tokushima.jp

体験記


↑家族で恒例のクリスマスイベントへ
 家族4人で腕山へ。この日はクリスマスイベントでサンタさんからのプレゼントが配られたが、小学生限定との事。去年まで小学生だった長女は小学生のふりをして平然とお菓子をもらっていた。妻は今シーズン初スキーだったが、たくさんの雪の中1時間少し滑り、後はビデオ係に徹していた。