2008〜2009シーズン

2008〜2009 SEASON 

(10) 札幌/2日目キロロスノーワールド4・3日目ルスツリゾート

 (期日)2008年12月 (宿泊)札幌プリンスホテル(3泊4日) (移動手段)JAL
(キロロスノーワールドHP) http://www.kiroro.co.jp/index_f.php
(ルスツリゾートHP) http://www.rusutsu.co.jp/
 (札幌プリンスホテルHP) http://www.princehotels.co.jp/sapporo/

キロロスノーワールドスキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  知名度の割にスキー場の規模はそんなに大きくない。一応コブ斜面・深雪コース・急斜面とバラエティに富んだコースがあるが、一つひとつの距離はそんなに長くない。また、所々に緩斜面が散在しており、ボードやショートスキーで滑った時は板が止まってしまい、漕ぐのに疲れる。初級者にはちょうどいい傾斜かもしれないが、中級以上になると物足りなさを感じる。
積雪量 AAA  ルスツよりもニセコよりも積雪量は多く雪の心配はない。年末でも2m近くある。2月には4m近くなるとか・・・。
雪質 AAA  気温が低い日はニセコの上部の雪質が麓でも味わえる。息を吹くとふわっと飛んでいくような超絶最高級アスピリンスノー。筆者の経験した中では文句なく最上級。
混雑度 AA  札幌から近いので日帰り客が多く、休日は客が増えるようだが、クワッド中心のリフト構成で輸送能力が高く、リフトで並ぶ事は無い。
雰囲気 AA  スキー場のオープンが1991年と新しいことがあって、レストランやトイレ・ホテル等どの施設も清潔感が漲っている。また、従業員の応対が訓練されていて丁寧。スキーヤーが一日中どのような場面でも気持ち良く過ごせるよう工夫されている。また、リフトはごく一部の場所を除き、フード付きのクワッドが基本なので快適に移動ができる。反面、スキー場がこじんまりしているせいか、ニセコ頂上部のような壮大な景観に欠ける。
アフタースキー AA  ルスツリゾートホテルと同様にレストランや遊び場に不自由をしない。ホテルとレストランの配置がよく考えられており、町を散策していくような感覚でレストラン選びができる。レストランは小樽の政寿司支店をはじめ、専門店が多く揃っており、味のレベルも高い。ショップの数はルスツほどではないが、基本は押さえてある。ホテルのチェックイン時にキロロカードが発行され、レストランの会計やゲレンデでの食事などキャッシュレスで行えるのが便利。また、温水プールに併設するキロロ温泉はジェットバスやミストサウナ、露天風呂もあり、毎日のリフレッシュにはうってつけ。有料(1回600円位)なのがたまにきず。
旅費  札幌宿泊でもスキー場まで1時間少々なので、現地のリゾートホテルに泊まるより安く上げる事ができる。ホテルピアノやマウンテンホテルに泊まるのであれば、12〜3万(ツアー代朝夕食付・時期によって変動有)+リフト券・昼食代・その他必要(徳島県基準)。ホテルピアノはルスツリゾートホテルより少々グレードは上。
アクセスの良さ A  空路利用でらくらく移動。徳島発着の場合羽田経由になるが、2006年2月に開港した神戸空港利用の場合は直行で千歳に着く。空港からはバスで2時間余りの距離で、午後から滑る事ができる。
総合評価 AA  ニセコ・ルスツに比べるとスキー場自体は小規模で、コース自体も短いのが欠点だが、ホテルの完成度と雪質は他のスキー場を凌駕している。家族連れや初心者の彼女と来るにはぴったりのスキー場だと思う。
ルスツリゾートスキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ AA  ホテル前のウェストMt.はコンパクトだが、イーストMt.・Mtイゾラは長距離のしかもとてつもなく広い斜面が豊富に配置されている。コース数はさほど多くないが、これだけ広いと色々なルートを選択できるので、何回滑っても飽きない。但し、本格的なコブ斜面や深雪コースに欠けるので上級者には物足りないかもしれない。
積雪量 AA  奥のニセコに比べると少ないが、年末でも1m以上はある。
雪質 AA  これもニセコ・キロロに比べると、少し劣る。最初に行った時は前日に降った雨が夜中に凍ってアイスバーン状態だった。おかげでボードで転んで骨折。
混雑度 AA  北海道一の入り込み数だそうだが、ゲレンデ面積が広いためさほど混雑している感じは無い。時間帯と場所によっては無人の状態を味わうことができる。.
雰囲気 AAA  ルスツリゾートホテルと一体化したゲレンデの雰囲気はリゾートそのもの。天気が良ければ羊蹄山や洞爺湖も一望でき、絶好のロケーションが開放的な気分にさせてくれる。
アフタースキー AAA  アフタースキーの充実度は完璧。レストランは和洋中にイタ飯・居酒屋・ドイツビールと何でもある。その他ショップもワインハウス・ガラス細工などの専門店がズラリ。もちろんスノーボードのショップもある。ゲームセンターやスライダー付き造波プール等夜も退屈しない工夫が凝らされている。タワーの方にはトナカイ牧場があり、トナカイの他ポニーや羊がいて餌をやることができる。温泉がないのが唯一の欠点だったが、2007年よりオープンした。ホテルの至る所にイルミネーションが施されており、写真スポットには不自由しない夢のような環境だ。
旅費  このホテルに泊まるのであれば、12〜3万(ツアー代朝夕食付3泊)+リフト券・昼食代・その他必要(徳島県基準)。
アクセスの良さ  空路利用でらくらく移動。徳島発着も出ている。千歳空港から2時間以内で着くので初日もスキーを楽しむことができる。札幌宿泊の場合もゲレンデまで1時間半でアクセスが良い。
総合評価 AA  ゲレンデの広さ、ゴンドラ・リフト・ホテル等設備の充実度等どれをとっても申し分の無いスキー場。人気が高いことも一度訪れれば納得すること間違いなし。ファミリーにはゲレンデにすぐつながる環境とホテルでの遊び場所の豊富さは欠かせない要素である。外国の雑誌でもBEST SMALL RESORTを受賞したり、サミットの会場になったりとその評価は海外にまで及んでいる。反面宿泊予約が年々難しくなって来ている。


体験記その2(2日目)


↑ほとんどのコースが営業している。

↑長峰コースはあと一歩で営業開始の様子

↑キロロ名物の樹氷がきれいだった。

 二日目はキロロへ向かう。暖冬の北海道でもキロロだけは別格だ。山頂で170cmと国内第2位の積雪量を誇っている。当初二日目はルスツを予定していたのだが、雪の予報が出ていたためパウダー狙いでここに変更した。

 到着後、足慣らしに長峰第1コースを滑る。ここの上部に中級の適度な斜面があるのだが、残念ながら雪不足のために閉鎖されていた。下から見上げるとオープンまであと少しという所だった。一度麓まで降りて、今度はゴンドラで頂上まで登る。山頂の気温は-15℃。雪も最高だし、キロロ名物の樹氷がきれいだった。朝里ゲレンデは3本のコースがあるが、そのうち最も急斜面のコースが閉鎖で後の2本は開いていた。Aコースは圧雪した中斜面。Bコースはコブの急斜面だが、雪が軽いおかげで滑りやすかった。

 この後、頂上からのグランドラインを降りた所でお昼になった。キロロは今年フランスのアニースキー学校を誘致したり、マウンテンセンターの大幅な改装をしたり、生き残りをかけて様々な改革に取り組んでいる。焼きたてのクロワッサンとメロンパンを売るカフェが新登場し、HPでも宣伝していたからそこに行ってみた。しかし、焼きたてという触れ込みの割にはパンは冷たくがっかり。

 昼食後は余市方面を訪れ、パークに入ろうと思ったのだが、こちらも雪不足からかまだ設置されていなかった。余市ゲレンデは緩斜面ばかりで距離も短くあまり面白みのない場所だ。リフトもペアリフトのみでこれが非常に遅い。一瞬止まっているのではないかと錯覚する位の遅さだった。昨日最速のリフトに乗ったばかりだからそう感じるだろうか?早々に場所を離れて、後はナイターコースを中心に一通りのコースを回った。

 札幌に戻って今日はスープカリーの店へ。こちらも毎年訪れている店があるのだが、今年行ってみると店の名前が変わっていた。スープカリー&ネパールカリーの店になっており、味付けも変化していたが、これはこれでまあまあいける。今日は気温が低いので、外を長い事歩いていたらさすがに身体が凍り付いてきた。ホテルに戻り温泉に入って早めに就寝。


↑コースを完全に閉鎖してポール練習をしていた


夕方からは気温も下がり一層軽い雪質に

体験記その3(3日目)


↑昨晩積雪があったので札幌市内は雪化粧

↑イーストコースでは修学旅行生が練習をしていた
 朝食後、バスに乗ってルスツへ移動。ルスツは積雪わずか50cmなのだが、なぜか多くのコースがオープンしている。10時に到着し、早速滑り始めた。昨日のキロロに比べると少々雪が重めだが、軟らかくて滑り安い雪質だった。最終日は月曜日だったので、ゲレンデにほとんど人の姿がなく快適だった。ホワイトラバーコースからナイターコースを経て、ゴンドラでイーストMt.、イゾラMt.方面へ。奥に進むほど雪は良くなってきた。イゾラに着き、スティームボートを一本下りて、クワッドで上ると昨日まで開いていなかった最奥のヘブンリーコースがオープンしている。こちらは一段と人の姿が少なくここを出発時間まで滑った。

 ホテルで風呂に入り、荷物を準備して千歳空港へ向かう。千歳では昨年ブームになった花畑牧場の生キャラメルの行列に並んでみた。30分並んでようやく3つほど手に入れる事ができた。2年前に初めて買った時は店にも山積みであったが、今は人気が出て買うのにも一苦労だ。今回の北海道はどのゲレンデもこの時期とは思えないほどの雪の少なさで予定していた事ができなかったり大変だった。地球温暖化・・・スキーヤーにとって本当に深刻な問題だ。


↑ヘブンリーコースはオープンしたばかりでゲレンデ状態も良かった。


↑花畑牧場の生キャラメル。
1個80円のキャラメルになぜこんなに人気が?