2008〜2009シーズン

2008〜2009 SEASON

4 アクロス重信5

 (期日)2008年9月 (宿泊)日帰 (移動手段)車
(アクロス重信HP) http://a-x.jp/index.php

体験記


↑ショートポールに挑む長女

↑お昼はトンカツ  お姉ちゃんに着替えさせてもらう↑
 先月は子供の部活動の練習で参加できなかったため、約2ヶ月ぶりのアクロス。フリー滑走の後、まずショートポールの練習。前回ロングポールは当たることのできるようになった筆者だが、ショートポールはかすりもしない。やはり上半身主導でターンをしているせいだろうか?この変なフォームが子供にうつったら大変だと思い、一緒に滑っていた長女に「パパの後ろは滑らん方がいいよ」と話したら、「滑りは見てないから大丈夫」との返事。

 長男はブーツをレース用に変更して初めての練習だった。最初踝が痛いと言っていたのだが、滑り込んでいくうちに慣れてきたのかロングポールにも時々当たれるようになっていた。今日はコーチに上達を褒められて上機嫌の二人。筆者も次のアドバイスをいただいたので、次回の練習では気をつけるようにしたい。

1.ターン時に腰を浮かさない
2.ポールを回る時、ターン内側の手が引けている→両手を前に

 練習終了後は、松山市内で遊んだ後、道後温泉へ。前夜あまり寝ていなかったため仮眠を取ろうと、二階の休憩室付のコースにしたのだが、座布団の上に寝転んでいたら店の女性が飛んできて、「ここでは寝る事はできません」との事。その様子を見ていた長女は「坊ちゃん、泳ぐべからず」をもじって、「おっさん寝るべからず」と笑っていた。

 

5 アクロス重信

 (期日)2008年10月 (宿泊)日帰 (移動手段)車
(アクロス重信HP) http://a-x.jp/index.php

体験記


↑コーチより指導を受ける子供たち

練習が終わった後にはゲレンデを慣らします
 今回でアクロスでのオフトレも最終回。来月からはいよいよ地元腕山のコースがオープンして雪山での練習になる。腕山ではフリー滑走になるので、アクロスのポール練習は貴重な機会だ。朝4時前の起床は大変だったが、毎月の練習で子供はもちろん筆者も上達を感じた。この日はショートポールに足で当たる事もあり、もう下半身の形もバッチリだなと満足感に浸っていると、コーチがポンポンと手を鳴らした。上手く滑れたので誉めてくれているのかと思ったら、筆者を呼んでいただけだった。「ターンの時に内側の手が引けている」先週指導された事が全くできていなかった。20年間で体に染み付いた癖を直すのにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 練習後は松山市街へ。行楽の時季からかいつもより人手が多く、道後温泉には外国人の姿もちらほら見かけられた。温泉・繁華街・スキーショップと回って徳島へ戻ったが、途中三島で一旦降りる時に通勤割引の始まる17時を待っていると、車が次から次へと料金所を通り過ぎてゆく。長距離を運転する車なのだろうと思っていたが、帰って調べてみると、9月末から「休日昼間割引」というのが始まっていることに気がついた。休日に限り、9時から17時までの間高速料金が半額になるという。通勤割引とあわせると、実に6時から20時までカバーする事になる。これは瀬戸中央道路でも始まるらしいので、大山から戻る時には活用できそうだ。


↑害虫の展示に興味を持った長男


↑絞りたてジュースを買ってもらいました