2007〜2008シーズン

2007〜2008 SEASON

3 ルスツリゾート7/1日目

 (期日)2007年12月 (宿泊)札幌プリンスホテル(2泊3日) (移動手段)JAL
 (ルスツリゾートHP) http://www.rusutsu.co.jp/
 (札幌プリンスホテルHP) http://www.princehotels.co.jp/sapporo/

スキー場データ(2007年よりの変更点は青で記述)


|
場の魅力
コースの豊富さ AA  ホテル前のウェストMt.はコンパクトだが、イーストMt.・Mtイゾラは長距離のしかもとてつもなく広い斜面が豊富に配置されている。コース数はさほど多くないが、これだけ広いと色々なルートを選択できるので、何回滑っても飽きない。但し、本格的なコブ斜面や深雪コースに欠けるので上級者には物足りないかもしれない。
積雪量 AA  奥のニセコに比べると少ないが、年末でも1m以上はある。2007-08シーズンはキロロや札幌国際より早いうちから十分な雪が降った。
雪質 AA  これもニセコ・キロロに比べると、少し劣る。最初に行った時は前日に降った雨が夜中に凍ってアイスバーン状態だった。おかげでボードで転んで骨折。
混雑度 AA  北海道一の入り込み数だそうだが、ゲレンデ面積が広いためさほど混雑している感じは無い。時間帯と場所によっては無人の状態を味わうことができる。.
雰囲気 AAA  ルスツリゾートホテルと一体化したゲレンデの雰囲気はリゾートそのもの。天気が良ければ羊蹄山や洞爺湖も一望でき、絶好のロケーションが開放的な気分にさせてくれる。
アフタースキー AAA  アフタースキーの充実度は完璧。レストランは和洋中にイタ飯・居酒屋・ドイツビールと何でもある。その他ショップもワインハウス・ガラス細工などの専門店がズラリ。もちろんスノーボードのショップもある。ゲームセンターやスライダー付き造波プール等夜も退屈しない工夫が凝らされている。タワーの方にはトナカイ牧場があり、トナカイの他ポニーや羊がいて餌をやることができる。温泉がないのが唯一の欠点だったが、2007年よりオープンした。ホテルの至る所にイルミネーションが施されており、写真スポットには不自由しない夢のような環境だ。
旅費  このホテルに泊まるのであれば、12〜3万(ツアー代朝夕食付3泊)+リフト券・昼食代・その他必要(徳島県基準)。
アクセスの良さ  空路利用でらくらく移動。徳島発着も出ている。千歳空港から2時間以内で着くので初日もスキーを楽しむことができる。札幌宿泊の場合もゲレンデまで1時間半でアクセスが良い。
総合評価 AA  ゲレンデの広さ、ゴンドラ・リフト・ホテル等設備の充実度等どれをとっても申し分の無いスキー場。人気が高いことも一度訪れれば納得すること間違いなし。ファミリーにはゲレンデにすぐつながる環境とホテルでの遊び場所の豊富さは欠かせない要素である。外国の雑誌でもBEST SMALL RESORTを受賞したり、サミットの会場になったりとその評価は海外にまで及んでいる。反面宿泊予約が年々難しくなって来ている。

体験記


↑神戸空港にはツリーが登場

↑12月上旬だと人も少ない

↑天気も良くて気持ちいい

↑ルスツの名物イルミネーション

↑夕食はスープカリー

↑札幌ホワイトイルミネーション
 昨年、仕事の関係で12月に北海道を訪れる機会があった。日程的に余裕があったのでスキー場にも足を向けたところ、トップシーズンを思わせるような雪に恵まれ、滞在中も札幌市内を中心に快適な時間を過ごせた。そこで、今シーズンも土日の休日に有給を一日加えて三日間の日程で北海道を訪れた。神戸空港発着のツアーは12月上旬は破格値で3日間3万8800円だ。徳島発着のツアーに比べると高速代が少々割高だが、直行便のため現地に早く着く事ができ、一番アクセスの良いルスツだと13時過ぎから滑る事ができるので、神戸発着を選んだ。

 出発当日は朝3時半に目が覚める。6時前に出発すれば十分に間に合うので、もう少し寝ていようと思ったが寝付けない。今シーズン初めての自然雪に興奮しているのだ。5時半には家を出て空港に向かった。淡路島の高速は空いており、約2時間で到着。神戸からJALで飛び、約2時間で千歳に到着する。

 到着前に上空から見た北の大地は、昨年は一面真っ白の雪景色だったが、今年はほとんど雪がない。今シーズンは平年並みの寒さと予報が出ていたのだが、11月中は連日平年を上回る暖かさで、徳島では20度を超える日も珍しくなかった。全国でも雪不足が深刻化し、ここ北海道でも毎年雪の心配がないキロロでさえ50cmも積もっていないような状況だった。そんな中、ルスツとニセコ、それに富良野は順調に雪が積もり1mを超えてたので、初日のスキー場はルスツに決める。

 空港到着後バスで出発し、スキー場に向かうが道中も雪の量が少ない。今後ますます量が減っていくんだろうかと心配になった。ルスツは毎年年末か年始に来ているので、ホテルのロビーは人でごった返しているが、今日はさすがに人の姿も少ない。今回はビジターなので、着替えは入り口横のロッカールームを使う事になる。到着後、ウェアに着替えてからゲレンデに出るまで10分位しかかからなかった。いつもながらこのホテルの動線の見事さには感心する。

 ゲレンデに出ると、ゲレンデも人が少ない。リフト前にも人の姿がない。ちょうど到着した時間帯は、ゴンドラで乗り継ぐイゾラMt.やイーストMt.に人が移動している頃なのだろう。この日は17時に札幌行きのバスが出るので滑走時間はわずか4時間しかない。奥の山まで行っている余裕がないので、ウエストMt.で滑った。

 ルスツはここ数日雪が降り続き、雪質も申し分ない状態だ。昨年年始に来た時よりもいい状態かもしれない。コース横にはパウダーの部分も残っていた。しかし、1時間も滑っているとだいぶ体が疲れてきた。南国徳島のスキー場に比べると1本のコースが長いので、運動量が格段に違うのだ。少し休憩がとりたくなり、ホテルの中に入る。名店「スカーレット」のパンが食べたくなって、店の前まで行ったのだが売り切れたのか店が閉まっていた。

 その後ゲレンデに戻り、5時までは休憩を取らずに滑り続けた。雪が軽いのでスキー操作も中々快調だ。最後に上級の新雪コースにチャレンジした時にうまくターンできず、頭から雪面に突っ込んだ以外は調子よく滑る事ができた。

 バスの時間が来たのでホテルに戻り、着替えをしてバスを待った。ホテルの入口にはたくさんのイルミネーションが輝いている。昨年もあったのだが、今年は格段に数が増えている。外国の雑誌でもBEST SMALL REZORTを受賞するなど評価の高いこのホテル。内外からたくさんの旅行客が集まって経営も順調のようだ。年々設備を発展させ、より多くのリピーターを招いているようだ。

 札幌市内のホテルは今年も札幌プリンスに宿泊。繁華街から少々遠いのが難点だが、温泉があるのと料理の質が高いのでここに決めた。夕食は昨年も行ったスープカレーの店へ。スープカレーは札幌の名物となり、今や県外にもたくさんの店が出展しているが、同じ店が経営していても県外よりも北海道の店で食べた方が味がいいらしい。水の美味さが都会とは決定的に違うのだそうだ。夕食後は大通り公園へ行って12月から始まっているホワイトイルミネーションを見た。昨年は無数のイルミネーションの光が路面や樹上に積もった雪に反射してそれは幻想的で見事な光景であったが、今年は雪がないので少々雰囲気に欠けた。