2007〜2008シーズン

2007〜2008 SEASON

7 白樺湖ロイヤルヒル(1)/1日目

 (期日)2007年12月 (宿泊)白樺湖ロイヤルホテル(2泊3日) (移動手段)車
 (白樺湖ロイヤルヒルHP) http://royalhill.alpico.co.jp/
 (白樺湖ロイヤルホテルHP) http://royalhill.alpico.co.jp/hotel/index.html

スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  ゲレンデは上下二つの場所に分かれている。どちらも1000m弱の中斜面で横幅が広いのが特徴。自分のフォームをチェックしたりポール練習をするには適した広い斜面だが、上級者には滑走距離の短さが気になる。ボードパークがあり、キッカーやハーフパイプが設置されている。
積雪量  晴天率80%を誇るこの地方は、乾燥しているため積雪量は多くない。今回年末に訪れたので土やブッシュの出ている所が目立った。
雪質  乾燥しているため雪質は良い。人工雪も自然雪と変わりがないような軽い雪だ。
混雑度 A  白樺湖周辺にいくつかのスキー場があるため客は分散している。二つの斜面にかかっているリフトはクワッドなので、リフト待ちの時間は少ない。
雰囲気  頂上からの白樺湖を眺められる光景は中々のもの。晴天率も高いため気持ちよくスキーができる。ただ、周囲には土産物屋や古びたゲームセンターはあるものの、リゾートの雰囲気とはかけ離れている。
アフタースキー  ホテルから歩いて5分の所に「すずらんの湯」というスパ機能を備えた温泉施設がある。他、白樺湖周辺に娯楽施設があるがわざわざ出かけるほどの場所ではない。
旅費  ホテルは平日パックでリフト券・食事付で一泊1万円のパックを売り出している。
アクセスの良さ  徳島から約600kmの長野県中部は自分で運転するには遠すぎるような気もするが、中央自動車道は三車線の場所が多く、それほどストレスを感じずに運転できる。
総合評価  長野方面には志賀高原や白馬、野沢と言ったビッグゲレンデが目白押しなので、どうしてもそれらと比較すると見劣りがする。

体験記

 楽しかった腕山フィンランドコテージでの一泊ツアー。本当は二日目も夕方位まで滑りたかったのだが、長女が夜からスキー連盟の長野合宿に出かけるので昼前には切り上げて自宅に戻った。朝方滑った板にワックスをかけ、荷物を詰める。一人分だけなので作業は順調に進んだ。一方、この日朝から調子が優れないと言っていた長男。帰って熱を測ってみると何と38度6分もあった。これはさすがにしんどいはずだ。戻ってから夜までずっとコタツにもぐって休んでいた。

↑合宿用のお金をもらって喜ぶ。
 今回長女の参加するスキー合宿は中学生を中心に6日間の日程で行われる。親元を離れてコーチとメンバーだけの合宿は初めての長女。出発の時間が近づくたびにソワソワし始めた。例年ならばクリスマスイヴの夜はケーキを囲んで楽しい時間を過ごし、翌朝にはプレゼントが届いているはずなのに、今年はそれもなし。家族から離れてたった一人で旅立つ長女には寂しさを倍増させるシチュエーションだった。上級生が中心の合宿のメンバーは親しく話ができる連れがいるわけではない。多くの不安が渦巻く中で、出発時刻が迫ってきた。ビデオカメラを向けると妙に明るく振舞って見せるのだが、話の途切れた時にふと遠くを見るような表情を見せる。心の中が痛いほどに伝わってきた。
出発前の様子
 
↑妙におどけた表情を見せる長女   後姿が寂しそう。
                        
                       ↑ソファーに登ってふざけて見る。   「あんまり行きたくないです・・・。」

 姉がこんなに悩んでいる横で長男は熱に苦しんでいた。
 
「「あー。風邪引いてエライわ〜〜〜」 「ちょっと、おばさん、酒!」・・・熱があってもギャグは忘れない長男でした。


↑上級生のお姉ちゃん達と5泊7日の旅です。
 いよいよ出発の時間になり、二人で車に乗り込む。家を出ようとして忘れ物をしたのに気がつき、筆者だけ家に取りに戻った。再び車に戻って見ると、後部座席の中で長女が涙を流していた。暗闇の中で寂しさが一気に襲ってきたのだろう。こんな辛い思いをさせるならいっそ合宿に申し込まなければ良かったかと思ったが、「これも娘の成長のためだ」と思い直し集合場所へ急いだ。集合場所には既に他のメンバーが集まっていて、長女の荷物を運ぶなど親切にしてくれた。そしていよいよ出発。バスは乾いた廃気音を後に残し、暗闇の中へ走り去っていった。
 さて、そもそも今回のスキー合宿。長女だけにスキーを楽しませておいて良いはずはない。筆者も年末の仕事が一段落したら、長男を連れて後から車で現地入りするつもりだった。長野の白樺湖は徳島から片道約600kmの長距離なので、直行するのはキツい。26日朝に岐阜のスキー場へ行って半日滑り、そこで一泊して翌日長野入りする予定だった。しかし、熱を出した長男を病院に連れて行くと何とインフルエンザとの診断が出た。熱も40度を超え、ほとんど死にかけている。これはもうスキーどころではないとの騒ぎになったのだが、医者でタミフルを処方してもらい一日寝ると平熱に下がった。3日間寝ていてようやく元気になったので、予定を二日繰り下げて長野に向けて出発する。

↑今回初めて長野まで運転した筆者

↑恵那峡SAで長男と

↑ゲレンデ中腹から白樺湖が見える

↑横幅の広いスキー場だ

↑長男は上手にポールを回っていた
 出発当日は朝3時起床。4時までに高速のゲートを通れば深夜割引が適用されるので、高速料金が3割引になる。板野ICを4時にくぐって、淡路SAに4時40分着。多賀SA6時30分、恵那峡SA8時と順調に車は進み、10時半には現地のホテルに到着。その間6時間半だが、SAで休憩を取ったのでその時間を差し引くとわずか5時間40分で着いた事になる。朝の通勤時に差し掛かるので渋滞に巻き込まれるかと心配していたのだが、ほとんどの行程は空いていて、車を順調に走らせる事ができた。車を運転するストレスもなく、疲れもほとんどない状態で現地入りすることができた。

 ホテルに荷物を預けて、早速ゲレンデに繰り出す。ロイヤルヒルはまだ十分に自然雪が降っていないので、ほとんど人工雪でバーンを作っていると聞いていたのだが、雪を踏みしめてみてその軟らかさに驚く。徳島の人工雪はもろ大きな雪粒の塊のようだが、こちらの雪は非常に粒が細かい。この地域は乾燥しているため、人工雪を降らせると粒子の小さい雪ができるようだ。北海道でも内陸部の地域では人工降雪機を使うと自然雪よりもいい雪ができると聞く。この良質の人工雪にここ数日降った自然雪が混ざって最高の状態になっているのだろう。喜び勇んでゲレンデに出たが、積雪量は約50cmで所々ブッシュや土が出ており慎重にコースを選んで滑らないと板を傷つけてしまいそうだ。ゲレンデは大きく上部と下部に分かれており、ジュニアのメンバーは上部の中上級コースで練習をしていた。もう昼前だったので、ちょうどポールの片付けに入っている。長女の姿も見えたのだが、片づけを終えると早々にジュニアのメンバーと昼食に出てしまった。

 筆者と長男はコースを数本滑り、レストランに行った。数日前には行くのを嫌がっていた長女もすっかり他のメンバーと打ち解け、楽しそうに話をしている。そのうちに長男も他のメンバーに混じって遊びだしたので、筆者はゲレンデに滑りに行く。ロイヤルヒルのバーンは少し硬めだが、斜度が適度で練習にはもってこいのゲレンデだ。リフトもクワッドなので待ち時間もなくどんどん運んでくれる。もう少し滑走距離が長ければ言う事はないのだが・・・。

 一時間ほど滑っていると、再びジュニアの午後の練習が始まった。昼からはポールの間隔を短くして、SLの練習をする。ターンが浅い分結構スピードがつくので、今年ポール練習が初めての長男にはスピードを控えめに言ったのだが、案外スイスイと回っていて、上級生にも負けずについていっていた。この練習を二時間ほどして本日の練習は終了。夕食後はホテルから徒歩5分の場所にある「すずらんの湯」へ行く。ここは露天風呂とジャグジー風呂がありスキーで疲れた体には心地よかった。帰り道外には雪が降り始めたがそのうちに霙に変わる。明日は気温が上がって雨になる模様だ。