2006〜2007シーズン

2006〜2007 SEASON 

(6) 札幌/1日目テイネハイランド

 (期日)2006年12月 (宿泊)札幌プリンスホテル(3泊4日) (移動手段)JAL
 (テイネハイランドHP) http://www.sapporo-teine.com/snow/index.html
 (札幌プリンスホテルHP) http://www.princehotels.co.jp/sapporo/

スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  コースは全部で7コース。決して大きなスキー場ではないが、北海道のスキー場の特徴である広大な横幅があり、クワッドでどんどん運んでくれるので、数字以上の満足感がある。また、札幌オリンピックで使われた女子大回転コースなど上級者を満足させるコース構成は多くのスキーヤーを惹きつける要素となっている。また、一昨年から下部のテイネオリンピアスキー場とつながったため、両ゲレンデを合わせると相当大きな規模となる。テイネからオリンピアの下部まで滑ると実に6kmの距離になるが、これは北海道で最長である。
積雪量 A  北海道の他のスキー場に比べると積雪量は少ない。ハイランドは12月でも滑走できるが、オリンピアは寒波が来ないと厳しい。
雪質 A  ハイランドの上部は標高1000mになるので上質の雪が味わえる。
混雑度 AA  北海道には大きなスキー場がいくつもあり、スキーヤーが分散するのでどこも混んでいない。リフト待ちは0分が基本だが、週末等はアクセスの良さから多少人出はあるかもしれない。
雰囲気  自然の樹木を多く残してあり、美しい光景が魅力。晴れた日には石狩平野から石狩湾までずっと見渡せる。他のスキー場と違った光景を楽しめるのもここの魅力。ナイターになると、札幌市街の明かりが輝いているのも見える。
アフタースキー AA  テイネの近辺には何も無いが、札幌から近いのでこちらに何でもある。スキーをメインにゆっくりするのなら現地宿泊だが、観光やショッピングも楽しみたいなら札幌だ。
旅費  札幌宿泊となるので、ルスツやキロロのリゾートホテルよりは安価。航空運賃も時期を選べば非常に安く上がる。今回12月上旬の出発で宿泊・移動経費込みで4日間6万円程度(2名以上で宿泊の場合5万円台となる)だった。神戸出発の場合はさらに1万円程度安く上がる。
アクセスの良さ AA  空路利用でらくらく移動。徳島発着の場合羽田経由になるが、昨年2月に開港した神戸空港利用の場合は直行で千歳に着く。空港からはバスでわずか1時間余りの距離で、午後1時から滑る事ができる。ナイターもやっているので、初日を有効に使う場合一番の候補となる。
総合評価 A  何といっても札幌から近いのがこのスキー場の最大の魅力。仕事帰りにちょっと練習等ということが気軽に行えるのはうらやましい限りである。施設も中々きれいでしかも機能的に配置されているが、レストランの運営にもう少し工夫が必要。


体験記その1(1日目)

 この夏仕事で北海道に行く機会があった。しかし帰県後、いくつかやり残した作業があることに気づき、残りの分を仕上げるかどうかで迷った。その残りの仕事は職務というより趣味の要素が多いので、予算や出張旅費がつくものではない。しかし、個人負担で行くにしては費用も随分かかるのであきらめようと思っていたのだが、12月に入って休日出勤の代休が二日取れることが分かった。そこで土日と合わせて四日間の休みを取り、スキーも兼ねて北海道に出かけることにした。1月上旬には家族で訪れる予定もあるのだが、たまには気ままに思う存分滑ってみたい。そこで、札幌滞在で毎日違うスキー場を訪れるプランに申し込んだ。費用も12月上旬という事で非常に安い。徳島から航空券・宿泊券・バス代合わせて6万円だ。年末や連休の半値位で行くことができるので、お徳である。折角の機会だから、これまであまり訪れた事のない場所に行こうと思い、初日は札幌に近いテイネ、二日目はキロロ、三日目は札幌国際を滑ることにした。
 初日。朝目覚めると時計は1時半だった。旅行に行く時は早朝に目が覚め、旅行中に疲れがたまって最終日に熱を出すというのが筆者のお決まりのパターンなのだが、この日はいつもより一段と早い目覚めだ。初日は現地についた後、ナイターまで滑って夜遅くホテルに入るというハードなスケジュールだったため、もう少し寝なければ倒れてしまうと思い、床に就く。次に目覚めたのが3時。もうこれ以上寝ることはできないと観念し、パソコンに向かう。
 10月からJALではツアーもWebチェックインができるようになった。これで、空港でうろうろしなくても自宅のパソコンから手続きを済ませておけば登場口に直行できる。複雑な操作が必要かと思われたが、意外と簡単にチェックインができた。6時まで時間をつぶして家を出発。外は雨だ。妻か長男と一緒に行くと晴れる事が多いのだが、筆者は筋金入りの雨男。まさか現地は大丈夫だろうなと思いつつ、空港へ車を走らせる。空港では荷物を預ける段階で液体ワックスが引っかかる。この日の筆者の格好は帽子から靴まで全身黒づくめ。おまけに風邪気味だったのでマスクをしていたから必要以上に怪しまれたのかも知れない。セキュリティゲートと搭乗口はアプリを設定した携帯で通過。便利な世の中になったものだ。


↑各シートにテレビがついている。

↑千歳空港に近づくと、雪で真っ白になった大地が見えた。

 羽田からの乗り継ぎ便はドル箱路線らしく最も大きな777だった。各座席に専用のテレビ画面がついているやつだ。これでゲームをすることができる。子ども達がいたらさぞかし喜んだことだろう。やがて、千歳空港に近づいてきた。上空から見ると大地が雪で真っ白に覆われているのが分かる。超暖冬の今シーズン。本州のスキー場はまだ全く雪がない状態だが、北海道はここ二週間ほど気温の低い日が続いたため全土が雪と氷で覆われている。木のある部分だけは黒々としている。雪が枝や葉には引っかかりにくいからだろう。水平線にうっすらと靄のかかる幻想的な光景の中、千歳空港に着陸をした。現地の気温は-9℃と表示されていたので身構えていたのだが、空港に入ると汗ばんできた。北海道の冬は屋外は日本一寒いが、室内はこれまた日本一の暑さだ。厚着をしてくると大変な目に会う。
 やがて空港にスキー場に行くシャトルバスが着いた。ニセコやルスツに行くバスは大型だが、テイネに行く人は少ないのだろうか?小型のマイクロバスだった。高速を降りた後チェーンを巻くのに時間を食う。今回テイネを訪れたのは三浦ドルフィンスキースクールに入るのが目的だったのだが、講習の時間に間に合わなくなったため諦めることにする。
                      ★ ★ ★ ★ ★
 バスがスキーセンターに着いた。センターに入るとすぐに更衣室があり、ここで着替えたあとエレベーターで四階まで上がるとゲレンデへ出られるようになっている。途中の階にはレンタルショップやレストランがあり、客の動線を良く考えた構造になっていることに感心をした。
 着替えが終わってゲレンデに飛び出す。いよいよ今シーズン初の自然雪だ。直前まで30cm位しか積もっていなかったのだが、寒波が来たおかげで今の積雪量は約90cm。十分な雪の量と思ったのだが、傾斜の急なコースではブッシュや小石も出ており、気をつけないと板を痛める恐れがある。それに気温が高いので雪も水分を多く含んでいるんだろう。いまいち板の滑りが悪い。
 少し不安を抱えながら、クワッドに乗って一番下部のパラダイスコースに出る。このコースは初級コースと表示があるが、出だしが急なので中級者も楽しむことが可能だ。何よりコース幅が広いため思った通りのライン取りが可能で、コース脇には深雪の部分も残っていて楽しい。

↑テイネハイランドの名物「電波塔」

↑テイネの山頂から。
天気が良ければ石狩湾まで見える。

↑これまたテイネ名物の「女子大回転コース」札幌OPで使用。

↑ナイターも人が少なく快適だった。
 ここで2・3本滑った後、今度は北壁リフトでテイネ山の頂上へ。頂上には異様な物体がある。テイネハイランドの名物、電波塔だ。これが何本も並んでいて一種独特の雰囲気を作り出している。ここからは左右のコースに分かれるようになっているが、まずは中級の林間コースを滑走。雪質がいい。上部に来ると気温が下がるのでそれだけ雪も軽くなるようだ。圧雪も丁寧にされており、とても滑りやすい。こちらも斜度の変化があるので何回も滑っても飽きないコースだ。惜しむべくは架かっているリフトが低速のペアリフトであること。長い距離を移動するため時間のロスが大きいのと、吹雪いた時には耐えられない寒さになるだろうと思った。この林間コースは上部から札幌市街の光景が見え、まるで街中に滑り込んでいるような錯覚に襲われるコースだと言うが、この日は曇っていたためその素晴らしい光景はうっすらとしか見えなかった。林間コースから左に折れると、初級のナチュラルコース。樹林の中を滑っていくので、こちらも景色がきれいだ。コースの途中で札幌オリンピック舞台にもなったテイネの名物コース「女子大回転コース」に合流する。最大斜度34度の上級コースだ。午前中にたくさんのスキーヤーが滑った跡がある。コブも所々にあるきついコースだったが、幅が100mもあり、人も少ないので安心して練習ができた。何回か滑ると順調にターンを刻めるようになった。
 昼の部は15時30分で終了。北海道のスキー場はどこもそうだが早い時間帯にナイターに入る。夜になると照明も灯り、一段と気温が下がってきた。夕方から降り続いた雪のおかげでゲレンデのコンディションも最高の状態になった。ナイターは一つのゲレンデしかオープンしていなかったため、飽きてしまって終了時間までは持たないだろうと予想していたが、実際滑り出すと雪が良いこともあって地元では絶対にできないような小刻みのターンも可能になり、気がつけば夜の7時過ぎまで滑っていた。結局6時間位の滑走だったが、クワッドでどんどん運ぶ上に一本の距離が長いので、時間の数倍の密度の高い練習ができた。
 8時頃バスが到着し、約1時間ほどで札幌市内のホテルに到着。札幌プリンスホテルは27階建てのタワー。部屋からの眺めは良かったし、天然温泉もある設備等で不満はなかったが、スキー場のホテルではないのでチューニングルームがない。せっかく持ってきたアイロン等の道具が無駄になってしまった。
 
↑札幌プリンスホテル。イルミネーションがきれいだった。

札幌2006その2に続く