2005〜2006シーズン

2005〜2006 SEASON

 ダイナランド6

 (期日)2006年1月 (宿泊)日帰り (移動手段)バス
 (ダイナランドHP)http://www.dynaland.co.jp/

ダイナランドスキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ コース数20最長滑走距離3.2kmを誇り、中斜度の快適な斜面が連続している。さらに斜度の変化が適度にあり、一つ一つが個性のあるコース構成となっている。コブ斜面やモーグルコース、タイムチャレンジコース、ボード用のハーフパイプ、キッカーと遊びの要素も一通り揃っている。
積雪量 信州方面に比べると若干少ないようだが、スノーマシンがあるので雪不足の心配はなさそうだ。
雪質 標高が高いので関西より雪質はいい。ゲレンデの圧雪もよくできている。
混雑度 土日の混雑は岐阜方面では一番ではないか。それだけこのスキー場の人気のほどが伺える。特に麓のクワッドは早朝以外は一日中長い列ができている。しかしクワッドの輸送能力が高いので、意外に早くリフトに乗ることができる。ナイターコースは早朝狙いの客で5時半〜6時半頃がピーク。その後は他のリフトも動き出すので、全体に客がバラける。とにかく広いゲレンデなので、どの順番にコースを回るかよく考えることが混雑を避ける秘訣だ。
雰囲気 センターハウスに「ダイナDJステーション」があり、リクエストを受け付けている。スカイラインコースの山頂付近の眺望は素晴らしく、殊に朝焼けに照らされたゲレンデやその背後に見える光景には思わず息を飲む。
アフタースキー 特に周囲に娯楽施設はないようだ。
旅費 徳島発のバスツアーで約8000円程度の経費。自家用車で行くともう少し割高か?水曜日は女性リフト無料。特定日は子供料金無料の他、子供券は1500円と設定されているのもうれしい。
アクセスの良さ B 徳島から5〜6時間程度。バスで座っているのは少し苦痛な時間。かといって、自家用車で運転するのはもっと・・・。思ったほど渋滞はしていなかったが、やはりハチ北よりは遠い。
総合評価 週末は早朝5時からスキーができるのがここの魅力。徳島から前日夜に出発して、到着後すぐにスキーを始められる。早朝は雪質もよく、混雑もしていないので快適である。加えてDJブースに代表される都会的な雰囲気と毎週行われている何らかのイベント、よく計算されたコースレイアウトが人気の秘密だろう。混雑さえしなければ近場では一押しのスキー場なのだが・・・。


体験記


↑シートがほとんど寝るぐらいに倒れるので快適でした。

↑座席の横河にボタンが・・・。
これでフットレストを操作する

 記録的な豪雪と繰り返された寒波・・・。加えて一月中旬と言えばスキーもトップシーズンで雪の状態も最高!のはずだったが、何と運の悪いことに出発前に暖かい空気が流れ込んで、日本全国4月上旬並みの陽気になった。この週末が過ぎれば翌週は気温が下がると言う。まるで、スキーに行くなと言わんがばかりのタイミングの悪さだ。おまけにこの日は一日雨の天気予報。妻と結婚して以来「晴女」の恩恵を受けて、雨に見舞われた事はあまりなかったのだが、今回は妻無し。「雨男」の筆者と同じく「雨女」を自称する長女との相乗効果で良い天気は望めそうにない。
 既に出発時からしとしとと振る中集合場所へ。今回初めて新日本ツーリストの「バケーションクラブ」というツアーで申し込んだ。松山発なので地元のツアーよりホンの少し値段が高めだが、日程の関係でダイナ行きはここしか選択肢がなかった。バスはスーパーシート車というのが選択できるようになっており、迷わずそれを選んだが、昨年も志賀高原行きでスーパーハイデッガーを選択したのに結局は普通のバスとそう変わらないものだったので、今回もあまり期待はしていなかった。
 到着したのは見かけ上は普通のバス。しかし、シートが本当にスーパーだった。リクライニングはフルフラットまでは行かないが52°も倒れ、足置きが圧縮空気によって好きな位置まで持ち上がる。しかも前列との距離が普通のバスより長い。毛布までついている。わずか500円の料金アップでこれほどの設備が整っているとは思いもしなかった。お陰で、バスの中でも良く眠れた。

↑閑散としたロッカールーム


↑ポンチョを着て頑張ります!

↑何か一日中食べていた気がします
 朝5時半スキー場到着。予報通り雨である。お陰で客はほとんどいない。土日のサンライズ営業の日(朝5時リフト運行)のロッカールームはいつも戦争のような慌ただしさなのだが、今日は閑散としている。着替えもスムーズに進行し、雨の降る中、αライナーで上って一本滑ってみる。ゲレンデにはほとんど人がおらず、周りの人を気にする必要はないが、不快きりのため視界が十分に確保できない。雪は昨晩からの雨を吸って、少々重い。三本も滑るとポンチョの上から雨がしみこんできたので、一回目の休憩を取る。
 この後も一日中雨が降り続いたため、三回滑って一回休憩。レストハウスで服が乾けば、また出陣というパターンを2時頃まで繰り返した。結局は20本位しか滑ることができなかったのだが、一本の滑走距離が1km以上あるので、腕山のゲレンデに換算したら50本ぐらいは滑った事になるのか?歴代指折りの悪条件の中で親子共によく頑張った。
 帰りのバスの中で一日の記録を書いていたら、前週の長男に続いて長女が記録を書いていたので、こちらも転載します。

 帰りにバスの中でいっぱいねて、タガサービスエリアについてお茶をかいました。その後、ぜんぜんねれなかったから、まっさあじのしあいっこをしました。パパのマッサージはきもちよかったけど、いたかったです。


↑ゲレンデにもほとんど人はいない

↑滑っては乾かし、乾かしては滑り

↑900円の肉うどん
・・・あまり大きな声では言えないが
超不味かった

13 ダイナランド7

 (期日)2006年2月 (宿泊)日帰り (移動手段)バス
 (ダイナランドHP)http://www.dynaland.co.jp/

体験記


↑ダイナランド名物の朝日

↑見事な快晴で最高のコンディション

↑遠方の風景もこんなにきれい
 友人とバスツアーのダイナランドへ。前回長女と行った時にスーパーシートが快適だったので、それを狙って再び「バケーションクラブ」に申し込む。しかし、連絡を取るのが直前だったため既にスーパーシートの空きはなし。しかたなく普通のシートで申し込んだ。 普通のシートでも普段利用しているバスと比べると前後幅に余裕があり楽である。デリケートな筆者は例のごとくほとんど眠らないまま現地へ着く。
 この週は直前まで気温が高かったのだが、急激に冷え込んだためゲレンデはほとんどの部分がアイスバーンである。こういう時はスピードが出やすいので、気をつけて滑らなければいけない。終盤には気温が上がり雪が緩んできたのだが、天気も良く今シーズン指折りの好コンディションの中、朝6時から昼の2時過ぎまで延々8時間の滑走。同行の友人は大変体力があり、ほとんど休みを取らないで一日中滑る事ができる。筆者も体力のある方なので、朝食・昼食以外は休みを取らずに滑りまくった。
 今回、ゲレンデの上部にサロモン提供のスノーパークができていたので、3mと4mのテーブルトップに挑戦した。これだけの大きなキッカーにスピードをつけて入るのは初めてだったので、最初は恐怖感が先にたって腰が後ろに引けていたが、次第に身体の乗せ方を掴んだ。少し板を浮かしぎみにすると、風を受けて宙を浮く感覚が味わえる。多分距離にして5〜6m程度の距離だろうが、それでも空を飛ぶ感覚を味わう事ができ満足だった。
 これだけの距離でも相当な恐怖感なのに、オリンピック選手は100m以上の距離を飛んでいる。改めてその凄さを実感した。体験して初めてわかるプロの世界の凄さとジャンプの魅力を知る事ができたのが今回のツアーの最大の収穫だった。また、他の場所でもジャンプに挑戦してみたい。