2004〜2005シーズン

2004〜2005 SEASON

I めいほう

 (期日)2005年2月 (宿泊)日帰り (移動手段)バス
 (めいほうHP)http://www.meihoski.co.jp/

めいほうスキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ 山頂からの5kmに及ぶコースは適度な斜度があり、滑り応え十分。また、γ80・γ90のコブ斜面もかなり手ごわい。基本的に一つ一つのコースが長く、コース幅も広い。第3ゲレンデはコース幅200mもある。だから、人が多くてもそれなりにバラけるので、安全・快適にスキーを楽しむことができる。ただ、リフト数が長いので、休日などリフトに待ち時間が発生する。
積雪量 信州方面に比べると若干少ないようだが、スノーマシンがあるので雪不足の心配はなさそうだ。
雪質 標高が高いので関西より雪質はいい。ゲレンデの圧雪もよくできている。
混雑度 リフトはクワッドが中心で1000mを超えるものもある。機動力は高いのだが、実質利用する上部のリフトが1本に限定されるため(第2クワッド)、休日になるとここが混む。ゲレンデの混雑度はさほどではないが、リフトの待ち時間を考えるとむしろペアリフトを利用して繰り返し滑ったほうが快適である。
雰囲気 設備は新しく、レストランもおしゃれで清潔。また、頂上から眺望できる北アルプスの景観もなかなかのもの。第2レストハウスはカレーのメニューが豊富。ただ、スキーセンターの更衣室が狭く、バスツアーできた時には更衣室に入れないほどの混雑を見せる。
アフタースキー 特に周囲に娯楽施設はないようだが、車で3分の場所に明宝温泉(大人500円、子供250円)がある。
旅費 バスツアーで約8000円程度の経費。自家用車で行くともう少し割高か?
アクセスの良さ B 徳島から5〜6時間程度。バスで座っているのは少し苦痛な時間。かといって、自家用車で運転するのはもっと・・・。思ったほど渋滞はしていなかったが、やはりハチ北よりは遠い。なお、ロッカーや更衣室・ファーストフードの揃っているスキーセンターは24時間営業なので何時に到着しても開場の準備ができる。
総合評価 B さすがに北海道には劣るが、広大なゲレンデはこの地域では大きな魅力。そしてクワッドの輸送能力と雪質を加えたスキー場としてのレベルは個人的にはハチ北を上回る。ただ、岐阜ということで、往復に約10時間かかるのが難点。この点を加味するとハチ北と甲乙つけがたい。


体験記


↑第2ペアリフト上から
 今シーズンは10回のツアーを目標に掲げていた筆者。11月からほぼ毎週末どこかに出かけていたことで、意外に早く目標を達成することができた。記念すべき1シーズン10回目のスキーは、長女と岐阜のめいほうへ出かけた。ここは二年前に御本尊様とバスツアーで訪れたことのある思い出の場所である。本当はダイナランドに行きたかったのだが、直前に大雪が降り、新雪を狙ってどのツアーも予約で満杯。このツアーも残り2席となっていた所を滑り込みで確保した。
 前回のバスツアーで後部座席を一列確保してもらい、横になって眠ることができたので、今回も最後部をリクエストした。ところが、今回はバスが満杯の状態だったため、座席は確保してくれたのだが、横のシートには他の客。長女は横になってよく眠っていたが、体を倒しただけの筆者はうとうとする程度で現地に到着した。

↑5000mのフラット斜面を滑降

↑大雪のおかげで雪質は最高だった。深雪の中をジャンプ!
 朝7時半のリフト運行に合わせてクワッドに乗り第1ゲレンデを一本滑る。今冬最大の寒波が到来した後とあって、さすがに雪質は最高。朝一はほとんど人も滑っていないので、思いっきりカービングでスピードを出すことができた。続いてめいほうの最大の売りである山頂からの5000mの滑走に挑戦。α500と名付けられたこのコースは上部が美しい林間コース、続いて延々と続くフラットバーンとなっている。コース幅も150mあるので初心者でも安心して滑ることができる。麓まで降りると混雑が予想されるので、半分ぐらい降り、あとはクワッドを使って色んなコースを回ることにした。林間コースの中に木々の間に雪のたまった所がある。これを踏み台にしてジャンプする遊びを長女が覚え(左写真参照)、筆者も一緒になって飛び越えて遊んでいた。ところが、何人も滑るうちに着地地点が大きくえぐられ穴ぼこ状態に。筆者はある時スピードを出したまま穴の中に突っ込んでいった。当然転倒。この時にストックで強く胸を打ち、一日痛い痛いと思っていたら、帰県後亀裂骨折していることが分かった。これでスキーでは3回目の骨折である。
↑樹木に囲まれた世界は最高

↑チーズピザに福神漬けを乗せる変わった味覚の長女
 最初の2時間位は人も少なく快適に滑れていたのだが、休日ということもあって次第に人が多くなってきた。二人とも朝食も取らずに朝一から滑り続けてきたので、疲れて10時頃に少し早めの昼食を取る。第二レストハウスは10種類ぐらいカレーの種類があり、味も中々良かった。長女は右上のような不気味なものを食べていた。昼食を取ってからはゲレンデも混雑してきたので、遊びながら滑る。幅200mの第3ゲレンデで深雪に突っ込んだり、雪だるまを作って遊んだ。結局この日も最終4時までほとんど休みも取らずに滑り続けたのだった。

↑長女は新雪に寝転ぶ


↑雪の上にできた跡


↑やはり「御本尊様が登場


↑下から見るとものすごい混雑ぶり