2003〜2004シーズン

2003〜2004 SEASON

F 高鷲スノーパーク

 (期日)2004年2月 (宿泊)ホテルヴィラージュ荘川高原 (移動手段)バス
 (高鷲スノーパークHP)http://www.takasu.gr.jp/

高鷲スノーパークスキー場データ


|



コースの豊富さ コース数14最長滑走距離4.8km。隣のダイナランドに比べると、縦に長く横に狭い。ゴンドラで一気に頂上まで上がった後、いくつかのコースを連続して滑り、麓まで下りるというのが基本的な滑り方だと思う。下部の初級者向けゲレンデは横幅が広く、安心して練習ができる。
積雪量 信州方面に比べると若干少ないようだが、スノーマシンがあるので雪不足の心配はなさそうだ。
雪質 標高が高いので関西より雪質はいい。ゲレンデの圧雪もよくできている。
混雑度 めいほう・ダイナランドとともに週末はかなり混む。特にオープン当時は話題性も手伝って大変な混みようだったようだが、最近の不況とスキー人気の後退からか週末に行った割にはリフト待ちは数分だった。国内初の15人乗りゴンドラがひとつの売り物。スピードも速いので快適に移動ができる。但し、各コースの下部からゴンドラ乗り場までは上り斜面になっており、動く歩道などもあるが一回ごとにスキーを脱ぐのは苦痛である。
雰囲気 2000年のオープンという事で施設は新しい。センターハウスのレストランもメニューが豊富。イタリアをテーマにしたゴンドラや建物の配色はなかなかお洒落である。
アフタースキー 付近に温泉があるらしい。
旅費 徳島発のバスツアーで約8000円程度の経費。自家用車で行くともう少し割高か?
アクセスの良さ B 徳島から5〜6時間程度。バスで座っているのは少し苦痛な時間。かといって、自家用車で運転するのはもっと・・・。思ったほど渋滞はしていなかったが、やはりハチ北よりは遠い。
総合評価 初級者から上級者まで対応したコース。ゴンドラとクワッドを中心とした移動効率の高い設備。そして、ゲレンデ全体に生まれているお洒落な雰囲気など、全体としては合格点の出せるスキー場とは思うが、あのスペースで全てのものを実現しようとした結果、全てが中途半端になったという感が否めない。初級者コース以外はコース幅も狭く、スキー特有の爽快な気分が感じられない。子供を連れて遊ぶのであれば、いい場所かもしれないが・・。

体験記


↑天気が悪かったせいか、
ゲレンデはよく空いていた
 2月に職場でスキーツアーが企画された。行き先は岐阜の高鷲スノーパーク。いつも岐阜方面に行くときは夜行バスで徳島を出て、一日滑って夜中に帰るというパターンが定着しているが、翌日への肉体的影響を考えると少々きつい。今回は朝徳島を出て、初日昼から翌日昼までスキー、夜も早いうちに帰県するという日程となった。昼過ぎにスキー場に到着。筆者は初日はショートスキーで足慣し。高鷲スノーパークの初級コースは非常に横幅が広く、快適。この場所だけは北海道を思わせる開放感があった。
↑初級コースは幅が広く、色んなコースを辿る事により何度でも楽しめる

↑コテージの部屋。宿泊費の割にはお洒落な建物だった。
 宿舎はスキー場から40分ほど離れたところにある「ホテルヴィラージュ荘川高原」へ。スキー場から離れた場所にあるのは少々不便だが、吹き抜けのあるコテージは部屋もなかなか広くきれいだった。夏も冷房が要らない位涼しい場所にあり、一年を通して客の訪れる場所だという。夜のうちに雪がどんどん積もり朝方には左のような雪景色が眼前に現れた。
↑今年は記録的な大雪が相次いだが、この日も一晩でこんなに積もった。

↑最大斜度40度のエキスパートコース。こぶがそそり立つように並んでいた。
最終日はスキーに履き替えて、色んなコースを回る。朝からずっと雪が降り続き、視界も悪く、かつ重い雪だったため滑りにくかったが、 約3時間残された時間を目いっぱい使って滑った。そして、二週間後すぐ隣のダイナランドへ行くことになる。