2003〜2004シーズン

2003〜2004 SEASON

G ダイナランド2

 (期日)2004年2月 (宿泊)日帰り (移動手段)バス
 (ダイナランドHP)http://www.dynaland.co.jp/

ダイナランドスキー場データ


|



コースの豊富さ コース数20最長滑走距離3.2kmを誇り、中斜度の快適な斜面が連続している。さらに斜度の変化が適度にあり、一つ一つが個性のあるコース構成となっている。コブ斜面やモーグルコース、タイムチャレンジコース、ボード用のハーフパイプ、キッカーと遊びの要素も一通り揃っている。
積雪量 信州方面に比べると若干少ないようだが、スノーマシンがあるので雪不足の心配はなさそうだ。
雪質 標高が高いので関西より雪質はいい。ゲレンデの圧雪もよくできている。
混雑度 土日の混雑は岐阜方面では一番ではないか。それだけこのスキー場の人気のほどが伺える。特に麓のクワッドは早朝以外は一日中長い列ができている。しかしクワッドの輸送能力が高いので、意外に早くリフトに乗れる。ナイターコースは早朝狙いの客で5時半〜6時半頃がピーク。その後は他のリフトも動き出すので、全体に客がバラける。とにかく広いゲレンデなので、どの順番にコースを回るかよく考えることが混雑を避ける秘訣だ。
雰囲気 センターハウスに「ダイナDJステーション」があり、リクエストを受け付けている。スカイラインコースの山頂付近の眺望は素晴らしく、殊に朝焼けに照らされたゲレンデやその背後に見える光景には思わず息を飲む。
アフタースキー 特に周囲に娯楽施設はないようだ。
旅費 徳島発のバスツアーで約8000円程度の経費。自家用車で行くともう少し割高か?
アクセスの良さ B 徳島から5〜6時間程度。バスで座っているのは少し苦痛な時間。かといって、自家用車で運転するのはもっと・・・。思ったほど渋滞はしていなかったが、やはりハチ北よりは遠い。
総合評価 週末は早朝5時からスキーができるのがここの魅力。徳島から前日夜に出発して、到着後すぐにスキーを始められる。早朝は雪質もよく、混雑もしていないので快適である。加えてDJブースに代表される都会的な雰囲気と毎週行われている何らかのイベント、よく計算されたコースレイアウトが人気の秘密だろう。混雑さえしなければ近場では一押しのスキー場なのだが・・・。


体験記


↑早朝スキー。真っ暗なうちから滑る
昨年同様、今年もバスツアーでダイナランドへ。昨年とは違う旅行会社であったが、大型のバスを手配してくれた。しかも、最後方の席を確保してくれたため、体を横たえる事ができてよく眠ることができた。私はデリケートな体質なので環境が変わると眠れないことが多いのだが、今回は2時間ほど眠っていたので翌朝のスキーに万全の体調で臨む事ができた。


朝焼けがきれい↑


↑朝日に照らされた斜面は美しい
 ダイナランドは週末早朝スキーをやっており、朝5時から滑る事ができる。早起きの私には願ってもない環境である。特に5時半頃まではスキーヤーも少なく、広いナイターコースを思いっきりかっ飛ばすことができて爽快だ。そのうちに混んで来て人を掻き分けながらという状態に入るが、一つ一つリフトが動き出し、自然に混雑は解消されていく。リフトの動く時間を調べておいて一番に乗れば朝一のパウダースキーを何回も体験することができる。


山頂より↑


↑快調に飛ばす筆者
 この日のダイナは直前に冷え込んだこともあって、最高の雪質だった。ナイターゲレンデ横の乙女コースの新雪は12月にルスツで滑った時よりも軽かった。いい雪の上で滑ると一瞬ふわっと浮かんだような感覚になることがあるが、まさか岐阜でこの感じを味わうことができるとは思っても見なかった。雪が軽いと疲れが来ず、それだけ長距離を滑る事ができ練習になる。今年はたまたま地元や近場でも上質の雪にめぐり合うことができた。今まではどこのスキー場に行こうかと考えていたが、「どこ」ではなく「いつ」行くのかという事もスキーをする上で大切な要素であると改めて実感した。


↑巻き上がる雪煙が
雪質の良さを物語っている


↑ずっと遠方まで見渡せるほどの快晴だった。
 昼前になるとさすがに雪が緩んできた。前日気温が低かったためアイスバーン気味であった雪面が少し溶けると滑りやすくなったが、天気が良すぎてあちこちに雪だまりができる程になった。これで足を捕られ、殊のほか疲れてしまった。が、こういう時にもダイナランドには見るものがある。毎週何かのイベントをしているのがここの特徴だが、この日はEisher Japan Tour2004のジャンプ大会とお笑いタレントのさまぁ〜ずの番組の収録、そして夜には24時までスキーショップ「HIMARAYA」主催のプロボーダーを招いたお祭りが企画されていたのだった。夜の部はツアーの関係で参加できなかったが、さまぁ〜ずの収録は幸運なことに間近で見ることができた。年々発展を続け魅力を増していくダイナランド。来シーズンもぜひ訪れたいスキー場のひとつである。
さまぁ〜ずと西端さおりの「げりらっパ」収録風景。残念ながら徳島で見ることはできない。