2001〜2002シーズン 

2001〜2002 SEASON

C ルスツリゾート2二日目

体験記その2(2日目)


↑朝から快晴!

↑記念すべき長女の初スキー

↑コーチに指導を受ける長女
 二日目は昨日とうって変わって快晴!廊下の窓からはゲレンデの景色が見事なまでに確認できた。いよいよ妻は7年ぶり、長女は初めてのスキーとなる。二人ともスクールに入ることになり、長男は午前中私と遊ぶことになった。
 キロロのスキースクールでは、人数不足で下のランクの人達と一緒に講習されたが、ルスツのスクールはたとえ生徒が一人でも決して合併したりはしない。私も前回来た時にスクールに入ったのだが、たった二人の生徒を相手に丁寧に教えてくれた。今回も妻の入ったコースは生徒一人に先生一人。つまりプライベートレッスンと同じような形になった。おかげで、超初級の妻も2時間の講習時間でゴンドラに乗り、頂上から麓までコースを四回も降りることができたらしい。
 長女のスクールは時々横から覗かせてもらったが、転びながらも泣き言を言わずよく頑張っていた。連日お風呂で説き聞かせた甲斐があった。
 長男は自分だけスクールに入れなかったのが不満らしく、最初は「パパや嫌いじゃ。行けへんわ」と怒っていたのだが、抱きかかえてリフトに乗せてやると機嫌が直った。自分も滑りたいと言うので、抱っこをして滑ってやるとよほど恐ろしかったのか「怖い。降ろせ。降ろせっていよるだろ、じじい!」といつになく乱暴な口調で泣き喚いた。しかし、麓まで降りてくると「もういっぺんする。」全く理解に苦しむ子供である。


↑しゃべる雪だるま(8m)にご挨拶↑

長男はパパと遊ぶ。お尻で滑る↑

雪だるまとはいっチーズ!↑

 お昼を食べた後、長女はパパに特訓を受ける。加重の仕方やターンの仕方を教えたが、午前中にコーチに習ったことを良くおぼえており、思いの他上手になっていた。結果、八の字で真っ直ぐ滑り、止まれるようになった。
←ストック無しで滑っています。

↑中華料理「歓天」にて

↑クラッシックカー
 夕食は中華料理の「歓天」へ。ここはルスツリゾートの中でも最も人気のあるレストランである。時間帯によれば、別室で半時間以上待たされることもしばしば。
 さすがに味の方も一級で、特に麻婆豆腐の美味さは定評がある。また、デザートに出たタピオカ入りココナッツミルクも美味しかった。前に近所の店で食べた時はタピオカを吐き出した長女だが、「これは美味しい」と感激していた。軟らかく粘りのあるタピオカは中々味わえない一品だと思う。その後は昨日と同じく、メリーゴーランドやゲームで遊び、色々な場所で記念写真を撮った。  


ルスツリゾートのシンボル
メリーゴーランド↑

子供たちもご機嫌!↑

メリーゴーランド前で↑

三日目に続く・・・