2001〜2002シーズン

2001〜2002 SEASON 

C ルスツリゾート2一日目 

 (期日)2002年2月 (宿泊)ルスツリゾートホテルノースウィング(3泊4日) (移動手段)JAS 
 (ルスツリゾートHP) http://www.rusutsu.co.jp/
 (ルスツリゾートホテルHP) http://www.rusutsu.co.jp/

スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ AA  ホテル前のウェストMt.はコンパクトだが、イーストMt.・Mtイゾラは長距離のしかもとてつもなく広い斜面が豊富に配置されている。コース数はさほど多くないが、これだけ広いと色々なルートを選択できるので、何回滑っても飽きない。但し、本格的なコブ斜面や深雪コースに欠けるので上級者には物足りないかもしれない。
積雪量 AA  奥のニセコに比べると少ないが、年末でも1m以上はある。
雪質 AA  これもニセコ・キロロに比べると、少し劣る。最初に行った時は前日に降った雨が夜中に凍ってアイスバーン状態だった。おかげでボードで転んで骨折。
混雑度 AA  北海道一の入り込み数だそうだが、ゲレンデ面積が広いためさほど混雑している感じは無い。時間帯と場所によっては無人の状態を味わうことができる.
雰囲気 AAA  ルスツリゾートホテルと一体化したゲレンデの雰囲気はリゾートそのもの。天気が良ければ羊蹄山や洞爺湖も一望でき、絶好のロケーションが開放的な気分にさせてくれる。
アフタースキー AAA  アフタースキーの充実度は完璧。レストランは和洋中にイタ飯・居酒屋・ドイツビールと何でもある。その他ショップもワインハウス・ガラス細工などの専門店がズラリ。もちろんスノーボードのショップもある。ゲームセンターやスライダー付き造波プール等夜も退屈しない工夫が凝らされている。タワーの方にはトナカイ牧場があり、トナカイの他ポニーや羊がいて餌をやることができる。温泉がないのが唯一の欠点(2003年から人工温泉になった)。
旅費  このホテルに泊まるのであれば、12〜3万(ツアー代朝夕食付3泊)+リフト券・昼食代・その他必要(徳島県基準)。
アクセスの良さ  空路利用でらくらく移動。徳島発着も出ている。千歳空港から2時間以内で着くので初日もスキーを楽しむことができる。
総合評価 AA  ゲレンデの広さ、ゴンドラ・リフト・ホテル等設備の充実度等どれをとっても申し分の無いスキー場。人気が高いことも一度訪れれば納得すること間違いなし。


体験記その1(1日目)


↑いよいよ徳島空港を出発

↑機内でできるスロットマシンに子供は夢中

↑毎度お騒がせの長男。涙と鼻水でぐしょぐしょの顔。(かわいそう)
 2002年初の家族スキーツアーは人気の高いルスツリゾートに決めた。年末のキロロツアーと同時予約だったが、今年は米同時テロの影響があって2月の国内旅行は大盛況。長女の席が取れたのは年が明けてからだった。今回は長女が初めてスキーに挑戦、長男もプラスチックのスキーでデビューを飾る計画である。
 昨年から北海道のツアーは徳島発着便が出たため、移動は大変楽である。機内でも東京からの乗り継ぎ便は席でゲームが楽しめるため、子供たちも何とか退屈をせず千歳空港まで着くことができた。
 ところが、思いもかけないことが我々を待ち受けていた。千歳空港でいつものように「だっこだっこ」とむずがる長男を妻が抱き上げた瞬間、持った場所が悪かったのか急に長男が泣き出す。見ると、左腕が全く動いていない。腕が抜けたのか!?顔面蒼白になってきたので、昼食もとらないままにタクシーで最寄の病院に直行。最初は札幌まで行かないと整形外科がないといわれたのだが、タクシーの運転手の方が機転を利かせ、電話で連絡をとってすぐ近くの総合病院へ連れて行ってくれた。外科の先生が左腕に触れると長男はぴたりと泣き止んだ。何と一瞬でひじの関節のずれを直したのである。(千歳昭和交通の方、千歳第一病院の先生どうもありがとうございました。)

↑札幌ラーメンに舌鼓を打つ二人
 さて左腕も治り、すっかり元気を取り戻した長男は鬱憤を晴らすように千歳空港でおお暴れ。
 札幌ラーメンを平らげた後は、「ジュースがいる」「だっこせー(しろ)」を連呼し、挙句の果てに空港の床を転げまわった。バスの中ではすっかり疲れてすやすや・・・。

↑長男は雄叫びを上げながら、床を転げまわった。(もういっぺん腕外したろか!)
 予定より約3時間遅れてルスツリゾートホテルに到着。ここでうれしい誤算が。ホテルの手違いで、何と一泊8万円のジュニアスイートに泊れることになったのである。


↑部屋はリビングと子供用寝室、洗面所等からなる。部屋のカーテンは電動で開閉。

風呂は何とジャグジーがついている→

二部屋別々にエアコンがありリビングも広い。トイレがウォッシュレット・ウォームレットでないのが残念。→
 ぐったりした妻を尻目に筆者は約1時間のナイタースキー。この日は朝3時半に目が覚めたのだが、何故かあまり疲れておらず初日の足慣らしをすることができた。
 しかし、さすがに食欲はあまりなかったので、夕食は簡単に済まそうと思い、ホールのバイキングへ行った。料理は予想通りイマイチ。でもカニは美味しかったようで、妻と長男はバクバク食べていた。実は筆者はカニが大の苦手。以前、無理に食べて戻したこともあるほどの筋金入りである。パパっ子の長女は私のカニ嫌いを知ってか、私に合わせて「私もカニなんか大嫌い」と言っていたのだが、食べてみると美味しかったらしい。下の通りカニの味を覚えてしまった。これで我が家でカニが食べられないのは私だけ・・・。

カニをめぐる長女と長男のひとコマ(その1)
@カニに手を出す  Aあーん       Bうえっ       C吐き出した!   Dそれをすかさず拾って食べる長男
    
でも、長男が食べているのが美味しそうだったんでしょうね・・・。しばらくして長男にあーんをする長女。
カニをめぐる長女と長男のひとコマ(その2)
@あーん       Aぱくっ       Bもぐもぐ(長男)おいしい?C(長女)うん D美味かった!
    

動物ロボット
ゲームセンター→
食事をした後はホテルの散策をし、動物のロボットとダンスをしたり、名物のメリーゴーランドに乗ったり、ゲームセンターで遊んだりした。

名物メリーゴーランド
乗りたいときは隣のゲームセンターの
係員に連絡すればタダで乗れる。→

一日目は子供たちも十分楽しんだようだ。

二日目に続く・・・