2000〜2001シーズン

2000〜2001 SEASON 

C ハチ北7 

 (期日)2001年3月 (宿泊)わさびや (移動手段)車 
 (ハチ北HP) http://www.hachi-hachikita.co.jp/

ハチ北スキー場データ


|
場の魅力
コースの豊富さ  北海道・信州に比べると最長滑走距離・コース幅ともに物足りないが、近畿圏では抜き出ている。特に北壁のコブは他では味わえない。最近はコース内にモーグル練習バーンやハーフパイプ・ジャンプ台等遊べる施設も設けられ、ゲレンデ規模以上の楽しみ方ができる。
積雪量 B  この地域では多いほうだが、12月や3月ではブッシュの出ているところもある。
雪質 B  上部の雪質はかなり良いが、中央ゲレンデから下部は2月以外は信州と大きな差が出てくる。
混雑度  リフトは近年輸送能力の高いクワッドが増設されたため待ち時間が短くなった反面、ゲレンデの混雑度は上昇した。特に休日は人間の間を掻い潜って滑るような状態になる。2月の連休は行ってはいけない。
雰囲気  レストランは数年前まで古い・汚いものしかなかったが、最近中央クワッドを上がった所にクリスタKAZAOというおしゃれな店が登場した。メニュー・雰囲気ともGOOD。
アフタースキー  民宿街は相変わらず泊って寝るだけの環境。
旅費 A  車に定員一杯詰め込めば、移動経費は一人5000円あれば十分。
アクセスの良さ AA  以前は徳島市から約4時間かかっていたが、明石大橋と高速の延長で3時間で到着が可能になった。帰りの混雑は相変わらずだが以前よりは解消されている。
総合評価 B  コースの豊富さや雪質は(徳島からの)近場では最高。しかし、人が多いのが難点。


体験記

 実に3年ぶりのハチ北だったが、今回高速が延長されたことで徳島から3時間で到達できるようになった。ゲレンデの広さを考えると腕山に2時間かけていくよりいいかも知れない。さらにこの日は前日降った雨のため道路の雪が溶けており、チェーン装着無しで宿まで辿り着くことができた。しかし、雪質は3月の陽気も手伝ってシャーベット状。足をとられて実に滑りにくい。また休日であったため、混雑も半端なものではなかった。連休はリフトが40分待ちだったそうだ。

 久しぶりにハチ北に来てみると、以前には無かった施設が増えている。北壁が中級の樹氷コースとスカイロード上級のスーパーモーグルを加え、全4コースで何回も楽しめるようになった。下部の雪質の悪さを考えるとこれは大きな進歩である。ゲレンデ内にはスノーアトラクションが5種類も設けられた。モーグルバーン(200m・ジャンプ台2基)、ハーフパイプ(80m・幅18m)、ボーダークロス(200m・4旗門)、ワンメイクジャンプ(ジャンプ台2基)、タイムチャレンジ(300m)である。また、新設レストランのクリスタKAZAOはメニューも豊富で味も雰囲気も良かった。と、大きな進化を遂げたハチ北だが、下部の民宿街の汚さは相変わらず。今回泊った「わさびや」は温泉があり、チェックアウト後も入浴できるというメリットがある。部屋は民宿そのものだが、場所の良さといい、リフト券の割引もあることでお勧めできる宿ではなかろうか。但し、温泉がガラス張りで駐車場から丸見えという点はいただけない。あれは、何か意味があるのだろうか?

 今回、特に強く感じたのは、ゲレンデにスキーヤーよりもボーダーが多くなったこと。そして、ショートスキーヤー(?)が急増していることである。中央ゲレンデではスキーヤーは全体の3割ほどでしかなかった。ボードには痛い思いをしている筆者だが、ショートスキーは簡単で年配の人もすぐに滑れるようになるという。来年はこのHPに「ショートスキーに挑戦」というコーナーが付け加わることだろう。