ショートスキーに挑戦(2)

ABOUT SHORTSKI (2)

 キロロから帰って一目散にスキーショップへ出かけました。店にはたくさんの種類が並んでいましたが、安価で初心者用のサロモン・ミニバースを購入しました。
ウェアが白と濃緑なので、色の映える赤を選んでみました(クリスマスカラー?)。また、付属のリージュ(流れ止め)が足に紐でくくるタイプでしたので、一瞬でセットできるタイプのものに交換しました。これで着脱も楽チンです。

  
↑サロモンミニバース 全長90cmの小回りが聞くタイプ リーシュコードも変更↑

 ショートをしていて一番快適なのは何といっても手軽なことです。普通の板は以前に比べるとだいぶ短く軽くなりましたが、それでも長距離担いで歩くとそれだけで相当疲れます。しかし、ショートは本当に軽量です。片手でひょいと持てますので、家族で行くときには子供に持たせても大丈夫なほどです。また、ゲレンデでは飛んだり回ったり、スキーでは中々難しいトリッキーな動きも簡単にできます。筆者もすっかり気に入って、スキーと平行して楽しんでいます。ちなみに初シーズンはキロロ(1.0/3.8)腕山(0.5/1.0)ルスツ(1.0/2.6)腕山(0.5/1.0)ハイパーボウル東鉢(0.3/0.3)ザウス(0.5/0.5)合計3.8日滑走しました。


↑子供でもこの通り


↑2005年11月ニューモデル購入。従来のものより長い99cm。