パパと長男の二人旅A

2003 HAWAII A

二日目
(ダイヤモンドヘッド・ハナウマ湾)

ホテル(朝)

 朝食はホテルの「サーフ・ルーム」で取りました。ここは前回シェラトンモアナサーフライダーに泊まった時に同じシェラトン系ということで訪れた事があります。

 相変わらずバイキングメニューが豊富で四日間飽きることがありませんでした。今回、初めて海側のテラスへ案内され、潮風に吹かれながら食べた朝食の味は格別でした。

 
↑朝、爽やかな目覚め・・・         ホテルメイドのミント入りチョコ↑
 
↑ピンクパレスの廊下を歩く            テラスで食べた朝食↑

ダイヤモンド・ヘッド(朝)

 さて、二日目の一大イベントは「ダイヤモンドヘッド・ハイキング」です。高低差約170m、距離約1.8kmの行程はガイドブックによると「小学生くらいからチャレンジ」との事ですが、5歳になったばかりの長男は登り切ることができるのでしょうか?

 結果は右の通り。途中険しい岩道や急な階段もあり、かなりきつかったのですが長男はぐずつくこともなく頂上に辿り着きました。

 途中で出会ったたくさんの人々が励ましてくれた事が大きな力になったようです。麓では中年女性に声をかけられ「こんな小さな子が信じられない!」と言われて長男は満足げでした。

★栄光の登頂証明書★

 
↑登頂口前で。     行き交う人が「頑張れ!」と声をかけてくれた↑
 
↑山頂からの眺め。海の色がきれい・・・。   こちらはワイキキビーチ↑

↑下山し終えて・・・。何だかまだ余裕の表情です。

ハナウマ湾(昼)

 午後はハナウマ湾でシュノーケリングをしました。ハイキングで疲れているかも知れないので、息子にどうするか聞いてみたところ「ぜひ行きたい」と答えるので、連れて行きました。

 入場前に7分間の教育ビデオを鑑賞しました。これは環境汚染が問題化し、2002年から来場者に義務付けられたものです。

 海の透明度はあまり高くありませんでしたが、魚の種類が豊富でしかも大型魚がたくさん浅瀬まで泳いで来ました。長男も水中眼鏡でシュノーケリングを楽しみ、歓声を上げていました。

    
↑バス停留所のクイーンカピオラニ像    ハナウマ湾でパパと・・・。↑
 
↑ハナウマ湾の魚たち
←パパと手をつないでシュノーケル

夕食〜就寝(夜)

 夕食は田中オブ東京へ。目の前で繰り広げられるシェフのパフォーマンスに長男は見入っていました。食後にDFSへ行きましたが、ここでものすごいおばさんを見ました。日本の千円札を出して「これで買えるだけものだけ売ってくれ」と叫んでいたのです。8年前にホノルル空港で鼻くそをほじりながら歩いていたおばさん5人衆に次ぐ衝撃(笑劇)を受けた一日でした。 ←シェラトンワイキキの前で

BACK  NEXT