登山体験記2012(1)

 MOUNTAIN CLIMBING EXPERIENCE 2012

 

5/20 神山森林公園(神山町)

標高約360m 累積標高差約60m 歩行距離10km 体力度1 危険度1

写真なし

 今年からジュニア部のオフトレ練習として登山練習が始まりました。初回は、神山森林公園の散策ルートで長距離を歩く練習。5km・10km・15kmのコースがあるのですが、初回なので10kmを選択。一部土の道もあり、高低差もあるコースは、行けども行けどもゴールが見えてこず、苦戦をしました。長男は、コーチについて2時間ほどでゴール。長女はスタート間もなく遅れ始めたので筆者がついて歩きましたが、20分遅れでゴールイン。久しぶりに長距離を歩いたので疲れました。
 

6/3〜4 剣山(つるぎ町)

標高1954.7m 累積標高差790m 歩行距離23km 体力度2 危険度1


剣山頂上より次郎笈へ

塔ノ丸より見た光景
 剣山は、日本百名山に選出されるほどの山で、標高1955m西日本で2番目に高い山です。3年前にも家族で上ったのですが、前回はリフトで途中まで上り、登山道を進んだのは頂上までの40分ほどの行程でした。今回は見ノ越から登山道を通って頂上まで行き、次郎笈・丸石を経て奥祖谷に下りて名頃まで歩くという全長15kmの本格的なコースです。運動靴では危険なので、登山靴を借りてチャレンジしました。

 一番きつかったのは、見ノ越から頂上までの登り。空気も薄くなり、息が切れ、雨まで降ってきて頂上まで持つ気がしませんでした。しかし何とか辿り着くと、後は頂上からの縦走。岩場の多い地形でしたが、初めて履く登山靴の性能にも助けられ、リーダーに負けない位のスピードでついて行くことができました。遊歩道の両面は急斜面になっており、迫力満点でした。

 丸石を少し過ぎたところで昼食。スーパーで買った安物の弁当なのですが、大変美味しく感じました。昼食後は下りの連続で、木の根や岩場の連続する難所でしたが、スキーで培ったバランス感覚が役立ち、岩を飛び越え木の間を掻い潜る楽しさを感じました。奥祖谷から名頃までの平地3kmも長く感じましたが、夕方3時頃に目的地まで到着しました。

 2日目は、夫婦池から塔ノ丸まで8kmのトレッキング。昨日に比べると傾斜も緩やかで、景色を楽しみながら登りました。頂上の景色は剣山頂上にも負けない位、圧巻の光景でいつか家族もここに連れてきたいと感じました。

 

6/10 神山森林公園(神山町)

標高約360m 累積標高差60m 歩行距離10km 体力度1 危険度1


10kmルートを3時間かけて歩く
 ジュニア部2回目の練習会。今回長女はテスト前なのでお休み。長男ともうひと家族で、前回と同じ10kmコースを歩きました。前回に比べると体力的に余裕も出てきたはずですが、時間的には3時間ほどかかってしまいました。

BACK    NEXT